私が車を買わない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若者の車離れとかなんとか言われているけど、日本の首都圏で暮らす人のほとんどが実際のところ、車なんか必要ないよね。

私も車を買わない最大の理由が必要がないから。
必要だったら他の理由をどうにかしてでも買うだろうが、必要がない高い物を買うわけがない。

必要がない高い物ということで、第二の理由が高いから。
軽自動車でも100万円前後、毎月の維持費が何だかんだで数万円になる必要のない物を買うわけがない。買ったとしても置き場所にも困る。

置き場所に困ると言うことで、三番目の理由が置く場所がない
家の中には必要もないのになぜか保存している物がいくつかあるが、これもほとんどの物は邪魔になったら捨ててしまう。経済的な理由がなんとかなって、必要もない物を買うようになったとしても、置き場所を確保しないといけないようならまた別の理由が出てくる。

必要がないのは、電車、バス、タクシー、レンタカーなどの公共交通機関を使っても利便性に大差ないから。これがアメリカのLAだったら、車ではなくバスでの移動は車の数倍かかるのが当然だったりする。そんな場所では車を使いたくなるが、日本の首都圏では公共交通機関が非常に便利なのでいちいち面倒くさい車なんか使いたくない。
そのいちいち面倒くさいというのも理由の一つ。日本では車検だ何だといちいち金がかかって面倒くさいし、車の方が便利そうに見せかけて駐車場が無くて不便だったり、交通取り締まりが厳しくてなんかよく知らん理由で捕まった(私の妄想)りしそうだ。さらに、ドライバーの質が悪く、バカみたいな走り方しているのが相対的に多いのも面倒くさい。

以上の理由は経済的になんとかなれば問題にならなくなる物もある。必要がないとは言っても、移動はするので、移動手段として車があった方が便利にはなるだろう。駐車場などの問題も金で何とかなる。車検やなんだも、経済的に問題なければやらせるだけなので々でも良さそうだ。
そもそもそんなお金はないといのが一番の理由なのかも。

もちろん、1980年代頃とは違い、車がステータスシンボルだった幻想は消滅しているし、社会の諸々が車が無くても便利なように作られ、これからもさらにそうなる世の中で、車が必要になる事は今後さらに減る。

コメントを残す