3DSなんか普通に考えて売れるわけがなかったわけで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニンテンドー3DSなんて発売から6月くらいまでは売れる要因がなかった。

まともなソフトがない、ダウンロード系も未整備。

こんな状態で誰が買うというのか?
とりあえず全ゲーム機を買うようなマニア(私)や3D表示を試してみたい人、たまたま出ていたソフトがつぼだった人くらいしか買うわけがない。

とりあえずリメイクとは言え、ゼルダの伝説 時のオカリナとスターフォックス64というそこそこ出来の良いソフトが7月までに出て、多分スーパーポケモンスクランブルもそれなりに完成度が高いのだろう。
でもこれくらい。
年末にスパーマリオ3Dランド、とマリオカート7というキラーになりそうなソフトが出るようで、この辺でようやく本科的に始動するという状況。
発売直後にソフトが少ないのはどのプラットフォームでも仕方がない。しかし、質はともかく、無料でそれなりに楽しめるソフトの数で圧倒する携帯電話・スマートフォン系との競争が激しい今、3DSの現状は致命的だった。

発売同時期にキラーソフトと言われるような物が数点出ていれば違っていただろうが、Wii Uではこの変どうなるのか。
任天堂のキラーソフトが出てしまうとサードパーティーのソフトが売れなくなると言う問題もあるが、そもそも魅力的なソフトを開発できないサードパーティーの方も悪いと思われ。出せても、ドラクエやモンハンのように特定地域にしか売れないようなソフトも問題だが。

PCゲームと言えば、WindowsでMacでのゲームは厳しかったのだが、MacのAppストアにゲームもたくさんあり、状況は変わりそうだ。Windowsはさらに強化してくるだろうし、今後、スマートフォン、タブレット、PC、携帯型専用ゲーム機、据え置き型専用ゲーム機とライバルが増える中、専用ゲーム機の行方が気になる今日この頃。

コメントを残す