Reederが便利なところと不便なところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RSSリーダーとしてReederを使いだしたがものすごく便利だ。
今まではLivedoor Readerをブラウザで使用していたが、こんなに便利だったらもっと前から使っておけばよかったと後悔するくらいに便利。

もちろん、Reeder以外にも便利なのはあるんだろうけど、今時わざわざ単独アプリとして提供しているくらいなアプリのほとんどはブラウザより便利なんだろう。いろいろ使っていかなければ。

何はともあれ、Reederはキーボード操作だけで、ばんばん読んでいけるし、全文配信していないサイトでも、タップ一発ですぐに全部表示される。
今まではクリックするのも、それから表示まで待つのも「面倒だから読まない」だったのが、タップ一発ですぐ表示なのであまり面倒な事もなく、簡単に読めるようになった。もちろん広告はクリックしないので、わざわざサイトにこさそうとする作戦は何の意味もない。
タップ一発で簡単になったところでも、興味のない内容はタップもしないので、サイト管理者などの収益にはほとんど貢献しないわけで、無料で公開している物は全文公開すればいいんではと思うけど。

唯一不便なのは、よく読むブログと、読まないブログをコロコロ変えているので、それを変更するのが面倒になったという事。これはGoogleのサービスにも絡んでくるがこの辺りがうまくできるようになればさらに完璧。
多分この辺をうまくするやり方もあるんだろうから、その辺ちゃんと使っていこう。

コメントを残す