iPhone 4Sをソフトバンク回線で予約した理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、iPhone 4を使用しており、4Sにしたところでハードウェア的に引かれるところはほとんどないが、なにより自然な音声認識技術のSiriで遊んでみたい。
音声認識ソフトなんかでは10年以上前から遊んでいるので、その最新版がどうなっているのか楽しみなところ。私の日本語英語で通じるのか、そもそもBETAがとれたら4S以外にも展開するんじゃないのか、日本語はすぐに対応するのかとか疑問はいろいろあるが、Siriだけは真っ先に遊んでみたい。

Siriで遊ぶには当初4Sが必要になるわけで、これを買わないという選択肢は無い。

4Sの次がいつ出るかもわからないのも4からのアップデートという事では悪くはないだろう。4Sの次が2012年の夏頃出るのか、2011年10月の1年半後くらいに出るのかによって全く対応が異なってくる。2012年の夏に次の機種が出るならSiriはともかく、4Sは我慢するのが良さそうだが、2013年頃になってしまうなら、1年以上も現在のiPhone 4を使えなんて地獄のようだ。
常に最新モデルにしていないと精神的に落ち着かないので、多少コスト的に負担になったとしても、最新モデルにしてしまい、また新しいのが出たら買うと割り切れば世の中どうにでもなるだろう。

それにしても、価格は気になる。

64GB版の実質負担が2万円とのことなので、一括払いも2万円くらいかと思ったら、6.7万円くらいだった。円高なのになんつう高価格。
4は一括払いで買ってるし4Sも一括払いで買ってしまえばいいだろうとことで、2万円と思い込んで一応予約に並んでみた。並んでいる途中に検索して6万円を超える事がわかったわけだが、実際に支払うまで猶予は1週間あるので、止めたくなったらキャンセルしてしまえばいいだろう。

それにしても、auにしてもよかったわけだが、ソフトバンクにしたのにはいくつか理由がある。
最大の理由が、すでにソフトバンクでiPhone 4を使用し、月額940円程度しか支払っていないので、この低価格で使い続けたいということ。

auでこのようなデータ通信を低価格にするプランがあればいいが、どうなっているのかわからない。聞けばわかるのかもしれないが、聞かなきゃわからないようなら面倒なのでそのままソフトバンクを使えばいい。

不思議だったのが、ソフトバンクには契約待ちの人が多数いたのに、auは妙に少なかった点。ソフトバンクは毎度のサーバーダウンで無駄に人を待たせていたようだったが、それにしてもauとの客の差が激しかったようだ。予約開始直後に行くような人はauからも発売する事は十分理解していると思うが、いったいこれは何なのか気になるところ。ネット情報をみても同じような状況だった。
とはいいつつ、iTunesも使った事無いような人が、初めてのスマートフォンとしてiPhone 4Sを予約しようとしていたり、不思議な後継だった。

ソフトバンクの回線がだめだという話だが、普段WiMAXで使っているのでデータ通信はどうでもいいし、音声通話は使えなくてもたいした実害は無い。そもそもWiMAXの方がつながりづらい。
USでのしょうもない携帯電話回線をみると日本のソフトバンクなんかハイクオリティすぎるし。ドコモはさらに別格だが。

iPhone 4Sをソフトバンク回線で予約した理由」への1件のフィードバック

  1. 紫力

    >6.7万円くらいだった。円高なのになんつう高価格。

    元の値段が$849ですから、$1=79円弱という計算になります。言うほど高価格ではありませんね。

コメントを残す