謎のソフトバンク留守番電話機能 いったい誰が悪いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車が壊れた。ペダルの軸となるボトムブラケットという部品の交換が必要となって、とりあえずグリースを塗って応急処置、部品が入荷次第交換という手はずになった。

部品が入荷するまで4営業日かかり、ソフトバンクのiPhone 4Sの留守番電話にその旨入っていた。留守番電話に入っていたし、その後も何回か電話連絡があったようだ。
翌日、修理のために自転車を持って行くと、2から3日かかるということなので、また電話で連絡してもらうようにする。

その間の代車として非常に乗りにくい24インチくらいの安物自転車を渡される。自転車屋の代車として乗りにくい物はどうなのかというのはともかく、連絡がないまま1週間たった。

1週間も修理に時間がかかるってのはどうかと思い、通りすがりに自転車屋へ状況を聞きにい行くと、持って行った翌日にはできていて、その日の午後5時に留守番電話に入れたとのこと。

とりあえず、修理した自転車は受け取ったが、約一週間も一回留守番電話に入れただけでほったらかす自転車屋もどうなんだ。
こっちも、1週間もよく我慢してたなと思うが、その間連絡しなかったのも失敗。

留守番電話自体はまったくその形跡がない。録音されたらSMSが届くはずだが来てないし、確認しても入ってない。
そもそも、ソフトバンクのスマートフォン用留守番電話サービスは「3分までの伝言を、20件48時間まで預かる」というサービスなので、約1週間後に入っているわけないし。

1回しか連絡しない自転車屋、録音したと自転車屋は言うが入っていないソフトバンクの留守番電話サービス、確認しなかった自分の悪いのは誰なのか?

その後、iPhone 4Sの電話機能に不都合があったことがわかった。原因はよくわからないが、アップルとソフトバンクが悪いということになる。

コメントを残す