iOS 5.1にアップデートできないので、Buffaloのルーター捨てよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS 5.1が公開された直後からアップデートを試みて34時間以上、いつになってもダウンロードすら始まらない。
試しに光回線から、WiMAXにして接続してみるとすぐに接続した。

ということで、原因を検索してみると、アップルのサーバーが込んでいるのでは無く、UDPが512bytesを超える物に対応していないからだと言うことが判明。
ISPが対応していないのでは無く、ルーターだろう。バッファローのルーターは捨てるしか無い。

別回線が無い人はとりあえず、DNSを8.8.8.8(Googleのヤーツ)とかにするといいらしい。

iOSがアップデートできないのはISPかブロードバンドルータの障害

コメントを残す