春になると増えるどうかしている人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段は車は通らない生活道路で写真を撮っていたところ、日産のシーマの車高を低くした白い車にクラクションを大げさに鳴らされた。
車の通行に邪魔だったのだろうから、どいたところ「バーカ」と自分がバカなことをわざわざ私に報告しながら走り去っていった。

そんな、自分がバカな事はいちいち報告してくれなくても、その車を見ただけで、どんな人が乗っているのかはわかる。また、クラクションを軽く鳴らせばわかるものを、大げさに鳴らすところからしても、あまり頭のよくない人だなということはわかる。
さらに、自分で「バーカ」と言って3段構えで状況を報告してくれたが、そんなに自分がバカな事を私に報告したかったのだろうか?

その前にも、普通に車が2台並んで通れる道路で、道路の端を自転車で走っていたところ、フォードのフルサイズSUVに乗った男(30代)が、エンジンをわざと吹かしながら時速30kmのところ、時速50kmくらいで走り去っていった。

この辺のちょっとどうかしている人たちは何かの仕事をしている大人のようだが、春になるとこのあたりの大人が目立ってくる。
ネット上でも、様々なところで、暇をもてあました中学生、高校生くらいが後で他人に見られるとまずいような暴言を吐いているのをよく見かける。

このあたりの状況から、やっと春が来たんだなと思う今日この頃。

コメントを残す