ブログのアクセス数を増やす方法 既にアクセスの多い人に見つかること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログは記事が少ないときは誰にも見つからず、アクセス数が1日二桁ならいい方で、一桁もしくは誰も来ないのも良くある話だ。

記事が増えることで、検索などでたどり着く人も増えてくるため、1日に誰も来ないということはほとんど無くなるだろうが、それなりの記事を書かなければ誰も来ないのは開始当初と同じ事。

ブログがアクセスを増やすきっかけとなるのは、すばらしい記事を書いたときではなく、既にアクセスの多い人がその記事を見つけ、何らかの形で紹介されたときだ。

具体的には、アクセスの多いブログに引用されたり、はてななどのブックマークに登録されたりすることがきっかけとなる。

多くの読者は自分で面白い記事を検索しようとはしておらず、既に有名と言われているブログを読んでいるだけだ。そこで紹介されなければ、無いのと同じ事。
問題はいつ紹介されるかわからないという点。いつそうなってもいいように、一度でも来た人たちを逃さないような工夫が必要だが、何が正解なのかは難しい難しいところ。
少なくともやっていて間違いではないのは、他のサイトよりもデザインを特徴的に、読みやすくすることくらいだろうか。

ということで、既に有名といわれているブログに何らかの形で知られる必要があるが、基本的にそのブログに好かれるような記事を書くことが必要になる。

人気ブログの過去記事を分析し、その書き手が引っかかりそうなネタで書くのが正攻法だが、そんなことは不可能に近い。一番手っ取り早いのは、トラックバックを送って、書き手に知ってもらうことだが、トラックバックスパムも多く、機能していないことも多い。

タイトルをなるべく引っかかりやすい物にするなど、基本的なところから、地道にやっていくしかないだろう。地道にやっても伸びない場合、オフ会などに参加し、直接知ってもらうというのも方法の一つだ。

コメントを残す