言語学習教材 ロゼッタストーン研究 その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語学習教材のロゼッタストーンは、他の商品と同様に日本だけ高い価格設定だ。
たとえば、Amazon.co.jpでは定価8万円のところ約6万円で販売されている。一方Amazon.comでは同じものが$399で売られている。今の為替なら、32,000円といったところだ。つまり半額で売られていると言うことだ。

しかし謎なのは、Spanish (Latin America)が1から5までのレベルで$399で、1から3までのレベルのArabicも$399なところだ。Spanish (Latin America)の場合、1から3までのが$399が$319.20で割引になっていたりするので、Arabicは割引していないだけともいえるが、とにかく日本の価格より高いのはどうなのか。

そんなところはともかく、どれくらいでこのプログラムを終えられるかが気になる。
プログラムを終える事がペラペラになるとはつながらないだろうが、一通り終わればある程度はできるようになると仮定すると、数ヶ月で一つの言語がある程度できるようになれば最高だ。

サイトの説明によると、週に3から4時間やれば12ヶ月ですべてのレベルを終える事ができるとある。
ということは、その倍のペースでやれば6ヶ月ですべてのレベルが終えられ、さらに倍なら3ヶ月となる。
つまり、週に12から16時間やればいいので、1日2時間やれば3ヶ月で一つの言語を一通りできるようになると言うことだ。
まあ、1日2時間もやってればどんな言語でもそれなりにできるようにはなりそうなので、嘘ではなさそうだが、本当にできればすごいことだ。
1年間暇な人なら、これを利用して他の学習も取り入れながら、1年間に4カ国語をマスターするというのも現実的なのかもしれない。

本当か?

コメントを残す