タマゴ1パック98円の件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近所のスーパー「いなげや」に行ったところ、タマゴ1パック98円と書いてあったので、何も考えずに2パック持って他の物と一緒に会計。

会計時に、タマゴは1人1パックだと言われたので、それじゃ98円じゃなくてもいいからいくらか?と聞くと、それは出来ない、とにかく1パックしか売れないとな。
ここで面倒くさくなければ、1人1パックかぎり98円で売るのはいいが、それ以上買いたい人へのオプションを用意してないのはなぜかなど説教するところだが、面倒くさいので買わないというプランを選択。

ここで、本当にむかついたら、そのまま何も買わずに帰るオプションを行使するところだが、もちろんタマゴを1パックだけにするという通常プランで引き下がる。

スーパー側の対応として、通常1人1パックだが、今回のような寝ぼけた客がいた場合は本当はダメだけど、2パック売る柔軟性を見せるとか、1パックは98円だが、2パック目からは198円にするとかのオプションを使用するべきでは無かろうか。

2パック売らないのは、他の客に商品を残すためというのなら意味がわかるが、そうならそうとレジではっきり言えばいいだけのことだ。(これは夜の事でこれからの客が全員タマゴ買ってもあまりそうな在庫だったが)

きっちり理由を説明しないと客が不信感を抱くだけだ。

コメントを残す