「アナと雪の女王」の「Let it go -ありのままで-」が気になって仕方が無いのでまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Let it go. という曲をエンドテーマにして、2013年に公開されたアニメ映画では高い評価を得た「アナと雪の女王」原題は「Frozen」。日本では2014年3月に公開される。
USではネットその他でもすでに公開されており、US版のiTunesで視聴するならFrozenとかで視聴可能。

ちなみに、Let it go.は、日本語版映画では「ありのまま」という意味にしている。

この曲というか映画は25カ国語版でローカライズされているらしく、YouTubeでどんな感じなのかはわかる。

http://www.youtube.com/watch?v=OC83NA5tAGE

日本版は

http://www.youtube.com/watch?v=QZ1poicuB2s

オフィシャルの25カ国語版は楽しいが、一人でアジア系言語7カ国語で歌う人も。

http://www.youtube.com/watch?v=6I19iPJiBog

これをiTunesで買うなら

映画版
レット・イット・ゴー – アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック

デミ・ロヴァート版
Let It Go – アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック

日本版 May J.
レット・イット・ゴー〜ありのままで〜(エンドソング) – アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック

日本版アルバム
アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック – Various Artists
日本語の歌はMay J.のLet it goのみで、松たか子版含め日本語のはなし。
その後、3月18日より発売開始

Amazonで物理CDを買うならこちら。

「アナと雪の女王」自体は、アンデルセンの童話を原作に大幅に脚色した物らしい。

Kindleの無料版はこちら

その元となっている青空文庫版はこちら

新訳や物理本を買うならこちら

Project GutenbergでThe Snow Queenの英語版を読むならこちら

コメントを残す