Google TC Summit 2015用現地の通信環境 その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleのTC Summit 2015が開催されるが、日本からアメリカに行く際に問題になるのが、現地の通信環境をどうするかという点。

宿泊先のホテルとSummit会場はWi-Fi環境が整備されているだろうし、バス移動する場合はバスの中にもWi-Fi環境が用意されているかもしれない。
このため、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンを持って行けば、会場では問題ないだろう。

問題は、Wi-Fiが無い街中や現地での観光中にどうするかという点。

アメリカでの通信手段確保方法

携帯電話会社の各種ローミングサービスを使う

ドコモ、au、ソフトバンクはローミングサービスを提供しているので仮に現地滞在時間が最短の3日ならこのサービスを使うのが手っ取り早い。
ソフトバンクでiPhone 6かiPhone 6 Plusを使っているならアメリカ放題を使えばタダだ。(2015年7月現在)

日本でモバイルWi-Fiルーターを借りる

各社が海外用にモバイルルーターをレンタルしている。コストは1日1,000円前後。
これを使えば、スマートフォン、パソコン、タブレット等の通信環境がこのルーター1台で確保できることになる。
借りたり、この機器の管理の手間等を無視すればまあ悪くは無いサービス。

現地でプリペイドのモバイルWi-Fiルーターを購入する

現地の通信事業者がモバイルWi-Fiルーターのプリペイド版等を提供している。
旅行者が利用するならプリペイド版一択だが、価格は様々な条件がある物の、本体と通信料金含めて100ドル前後から。
Summit含め現地に1週間以上滞在するなら、場合によっては日本でWi-Fiルーターを借りるよりも安い場合もある。

現地でプリペイドのスマートフォンを購入する

モバイルWi-Fiルーターを使えば様々な機器で利用できるが、スマートフォンで直接利用できた方が面倒が無い。
この場合、一番手っ取り早いのがプリペイドスマートフォンを買ってしまうと言う点。
価格は100ドルくらいから300ドルくらいまでいろいろ。
ただし、日本語の表示が中華フォントだったり、設定が面倒かも。

現地でプリペイドのSIMカードをSIMフリーのスマートフォンで利用する

現地ではBYOD(Bring Your Own Device)とかBYOP(Bring Your Own Phone)で、携帯各社にSIMフリーのスマートフォンを持ち込むのが一般化しつつある。
つまり、SIMフリーのスマートフォンを持って、携帯各社で契約するのが普通になりつつある。

そんなSIMフリーのスマートフォンを日本から持って行き(もしくは現地で購入して)現地のSIMカードを購入して契約すれば、そのまま利用できるようになる。
この場合、プリペイドのSIMカードを購入するのがいいだろう。通信料は条件にもよるが1週間程度なら数十ドル前後から。
プリペイド自体の購入費は20ドル前後。安くて50ドル前後でSIMカードと短期間の契約が可能。
この場合は、日本と同じように利用できるし、現地の通話やSMSも利用できる。

ちなみに、SIMフリーは和製英語で、英語ではSIM Unlockedとか。

現地で購入はどこで買うのかという点

アジア各国ではSIMカード購入は空港の携帯電話カウンターと相場が決まっているが、アメリカにはそんなカウンターは無い。
それではどこで買うかというと、電気店や街の携帯電話ショップ。
電気店はBestBuyが全米最大規模のチェーン店で、どの街にもあるが、宿泊地の近くにあるわけでは無い(と思う)。
確実なのが、携帯電話ショップ。
何にしろ、購入してアクティベーションまでやらなければならないので、現地語が得意で無い場合は、携帯電話ショップで買うのが手っ取り早いかも。(どこにあるかは自分で調べてね)

注意点は時々いろいろな条件が変わる点

アメリカの通信業界でSIMフリーに優しくなったのが2014年頃から。
この頃大きく変わったので、直近でまた大きな変更はなさそうで、2015年7月までは今まで書いた事は半年以上は大きくは変わっていない。
しかし、何かのきっかけで急に変わることがあるので注意。

ところでホテルのWi-Fi環境

Summit期間中はホテルのWi-Fiも無料らしいが、一般的にはホテルのWi-Fiは有料。
料金は1日10ドルとか15ドルとか。

コメントを残す