Windows VistaだXPだという以前に64bit化が問題だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既にハイエンドなPCのハードウェア自体、いつでも64bit環境で動かしても問題ない状態になっている。UNIX系のOSはもちろん、Mac OS Xも64bitへ移行しているが、唯一これに遅れているのがWindows。

現行の32bit Windowsを64bit対応にしようと思ったら、OS自体を入れ替えないといけないし、ドライバやアプリケーションの対応が遅れているのは致命的だ。

Windows Vistaは2GBのメモリがあれば十分動くし、大抵のアプリケションは3GBから4GB程度のメモリ量があれば必要十分だが、今後のアプリケーションソフトやPCの使い方を考えると、これでは足りなくなる時代も近い。

いまだにXPで十分とか言う意見も多いが、実際の所、平均的ユーザーの使い方を考えるとそれも事実。しかし、○○で十分という意見はOSなどの切り替わり時期は常に言われていたことで、それを真に受けていたら、いまだにMS-DOSの8MHzマシンを使い続けていたかもしれない。
PCの性能向上をを引っ張っていくためには、業界のリーダーとも言えるマイクロソフトのようなメーカーが積極的に64bitへ移行するための施策を行わなければ、業界全体の発展は望めないだろう。

もしも、この動きに乗り遅れるようなら、アップルなど他社にその覇権を握られてしまうのも近いかもしれない。

http://www.64bit.jp/

http://www.64bit.org/

http://wiki.mm2d.net/win64/

Windows VistaだXPだという以前に64bit化が問題だ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: てれびにっき

  2. ピンバック: Can Windows OS be shifted to 64bit? « kamikura.com Blog English Edition

コメントを残す