シャーペン探求

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近紙に文字を書く機会が増えたので、シャーペンを色々調べてみた。個人的な使い方ではボールペンでもいいんだけど、なぜかシャーペン。

現在のシャーペンはいくつか種類があり、ペンの端っこを押して芯が出てくるタイプが今でも標準。これに変な部分を押しても芯が出てくる物もある。

個人的にはものすごく書くので、いちいち端っこを押すのが面倒くさいので、自動的に出てくるのが欲しかった。

自動的に出てくるのは、個人的に調べた中では、ZEBURAのFurisha automaticしかなかった。
これを使ってみたが、持つ部分が手に合わないので、中指が痛くなった。また、肝心の自動芯出し機構は、いつまでも書き続けられるのは事実ながら、自動芯出しモードの時は文字が若干かすれ気味になるのが気になる。

次に試したのは、振って芯が出てくるタイプ。
これはいろいろなところから出ているが、ZEBURAのFurishaもそうだし、PILOTのフレフレシャープとかいろいろある。

色々調べた中で気に入ったのが、PILOTのフレフレシャープ。先っぽが、先が細いパイプになっておらず、三角形の状態になっているのが見た目で気に入ったのと、ペンの太さが個人的に持ちやすかった。

一応、最新型の、uni KURU TOGAも試してみた。
これは芯が自動的に回転して、常に一定の太さで文字が書けるという物。
芯の回転機構は、書くときの紙と接触した際の動きを利用するが、この芯がクッションのような感じになるのが慣れない。慣れたら便利かもしれないが、この微妙な感覚は嫌いな人も多いと思う。
また、個人的に振って出てくる芯の機構がないのも辛いところ。

最近は0.3mmのシャーペンも製図用でもないのに山ほどあるし、カラー芯も多い。

ということで、何が言いたいかというと、シャーペンって色々あるね。ってこと。

コメントを残す