最近、見るテレビ番組がなくなりつつある件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひどい時は、1日30時間分くらいのテレビ番組を視聴していたくらいのテレビ好きだが、最近テレビ放送を見る期間が極端に減っている。
1日30時間分くらい視聴していた頃は、実質5時間くらいしかない物理的視聴時間をテレビ2台、ビデオ早送りなどの技を使ってとりあえずみたつもりにしていただけで、全番組を完璧に観ていたわけではなく、ちゃんとみていたのは1日5時間分くらいだったろうか。
それでも、1日5時間というのはすごい時間で、ベルリンの壁が崩壊した頃や、911のテロ、アメリカ大統領選挙の開票状況は、生放送で刻々と入る情報を会見時間などを予想しながら睡眠時間を調整して視聴し、世界情勢を生で感じ取り(と思いこんでいた)非常に楽しかったような気がする。

なんだかんだで、ニュースは出来事に動画が加わるため、今でも興味深いコンテンツではあるが、最近はNBCやABCがネットで公開しているため、アメリカ中心ながら、動画ニュースはとりあえずテレビ放送をみなければならないという状況はかわりつつある。
生放送こそが、放送のメリットだが、そもそもリアルタイムで知りたいことは、何らかの事故・災害でもない限りほとんど無い。

個人的に、テレビを見る一番の理由は、お笑い番組を見ること。悲しいことだが、最近はコント番組が減り、芸人同士がくだらないプロット内で遊んでいるだけの番組だらけで、見る必要もなくなりつつある。

昔から、見ているのはタモリ倶楽部やとんねるずのみなさん、ガキの使いなどのみで、つまらない企画も多いが、慣性で一応見続けている。
他の番組は見ても見なくてもいい物だらけだ。唯一コントっぽいのをしているのは、志村けんのだいじょうぶだぁIIや、いつやってるかわからんコンバットくらいだが、これらも見逃したくないくらいには面白くはないと思う。
他に、はねるのトびらはコントが中心だった頃は見ていたが、今は企画物中心になり見る対象から外し、めちゃ²イケてるッ!も年々つまらなくなっているので、近いうちに視聴を辞めるのではないかと思っている。

ドラマは明らかにアメリカ製作の物の方が質が上で、WOWOW(これも放送だ)やDVDで十分。
お笑いも、新しい芸人を見たい場合はテレビの方が手っ取り早いが、ある程度名の知れた芸人ならDVDなんかが出ているので、テレビを見なくてもよさそうだ。

コメントを残す