個人的、時差ぼけ解消方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本は飛行機に乗ったら現地時間。飛行機の中では基本的に寝ないが、昼寝程度はする。現地に着いたら完全に現地時間、夜になるまで寝ない。

経過時間 日本時間 アメリカ西海岸 イギリス ニューヨーク
睡眠時間 睡眠時間 起床からの経過時間 睡眠時間 起床からの経過時間 睡眠時間 起床からの経過時間

1

                   

2

                   

3

                   

4

                   

5

                   

6

                   

7

      1     1     1

8

      2     2     2

9

      3

0時

  3     3

10

      4     4     4

11

      5     5     5

12

12時

    6   出発 6   出発 6

13

      7   7

0時

7

14

      8   8   8

15

    出発 9   9   9

16

 

0時

10   10   10

17

    11   11   11

18

    12   12   12

19

    13   13   13

20

    14   14   14

21

    15

12時

15   15

22

    16   16   16

23

    17   17   17

24

0時

  18   18   18

25

    到着 19   19

12時

19

26

      20   20   20

27

      21   到着 21   到着 21

28

 

12時

  22     22     22

29

      23     23     23

30

      24     24     24

31

      25     25     25

32

      26     26     26

33

      27

0時

  27     27

34

      28           28

35

      29           29

36

12時

    30           30

37

      31      

0時

  31

38

      32            

39

      33            

40

 

0時

  34            

41

                   

42

                   

43

                   

44

                   

45

       

12時

         

46

                   

47

                   

48

0時

                 

6時間くらい寝る人の場合の表

イギリスなどヨーロッパの場合、日本時間の12時頃発の飛行機が多く、機内で熟睡しない限りは、現地到着後ホテルなどにチェックインし夕食などを取った後に寝ればすぐに現地時間に合わせることは出来るだろう。

問題はアメリカで、特に西海岸の場合は中途半端だ。
どの便に乗るかにもよるが、15時から夕方にかけての便が多く、現地到着は朝になる。現地での予定がつまっていなければ、なるべく遅い便にした方がいいだろう。さらに、日本出発日はなるべく遅くまで寝ているのがよい。
さらに、飛行機の中では数時間の睡眠をとると、日本出発日の起床時間から30時間以上起きていなければならない状況から回避可能。

ホテルも、一般的には15時以降にチェックインするだが、朝到着後すぐにチェックインできるようにして、現地で到着後すぐに寝るようなことをすると、時差ぼけのまま現地で過ごさざるを得ない状況になる。注意したい。

ニューヨークなどアメリカ東海岸の場合、空港から到着するとちょうど夕方近くなっているので、現地を軽く観光などして夕食を取ってから寝るとほとんど時差ぼけにならないですむ。半日近く飛行機に乗っているので、うっかり熟睡するとこれも変わってくるので、熟睡だけは避けたい。

ちなみにシカゴあたりのアメリカ中部だと、到着時に出発時間と同じになっているので、機内では気絶していたことにすると時差ぼけにもならないかもしれない。

タイトルをつけた後に気づいたが、これは解消方法ではなく、防止方法だった。

コメントを残す