海外で通用するパスポート以外のIDカード(身分証明書)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に限らず、アジア系人種は欧米では若く見られるため、レストランなどでアルコール類を注文するためにはIDカードが必須。

よく分からないが、アメリカなんかでクレジットカードを使うときもIDカードの提示を求められる。

このために常にパスポートを携帯するのは面倒くさい。もちろん海外ではパスポートを常に携帯する必要があったと思うけど、買い物の度に取り出すようだとサイズも大きいし面倒くさすぎる。

そこであると便利なのが、クレジットカードサイズで、写真、アルファベットによる氏名、英語表記の生年月日、日本の公的機関が発行した証明書。

そんなのどこにあるんだと言うことだけど。国土交通省発行のものに便利な物がある。

それが小型船舶免許証、要するに船舶免許。
昔の海技免状は日本語表記だけでこれに使えなかったけど、2003年くらいに更新された新しいデザインでは、この英語表記もあるので問題なくIDカードとして使えるようになった。
実際にこれを何度も海外で使っているが問題ない。大抵は初めて日本のIDカードを見たとか言われるけど。

船舶免許は大きく分けて、大型船舶と小型船舶があり、いわゆるクルーザー(プレジャーボート)なんかは小型船舶に位置することが多い。具体的には総トン数20トン未満の船が小型船舶で、一般人が現実的に購入できる船は小型船舶。

よく見かけるクルーザーは5トン程度の物で数千万円から。20トンなどの大きな物は億単位。それ以上の大型船舶になるとそれを超える価格になる。
大型船舶は免許取得も大変だし、そもそも買えないど、小型船舶は買えるかどうかは別にして、免許取得はそれほど大変ではない。

ちなみに船は維持費がものすごくて、例えば5,000万円でプレジャーボートを買ったら、係留費その他諸々で、10年間維持すると、諸々の経費が5,000万円は必要になってしまう。大型船舶を買って維持できるような人は、船員を雇えばいいので免許を取得する必要もない。

小型船舶 プレジャーボート 国土交通省

船の免許というと、いわゆる4級船舶と思う人も多いらしいけど、2003年くらいから小型船舶の制度が変わっているので注意していただきたい。

実際に船に乗るのが目的でなければ、特殊という区分の免許を取得するのがいい。これは水上バイクなんかのためのもので、他の区分に比べると試験項目が減る。もしもせっかく免許取得するならということなら、2級が比較的楽だ。

詳しくは国土交通省のサイトで

海外で通用するパスポート以外のIDカード(身分証明書)」への4件のフィードバック

  1. Prometheus

    ふむ。海外出張の多い私も同じ悩みがありますね。

    殊に、国によってはビザ発行のため1週間程パスポートを預かられることもあり、また、治安の悪い所では菊の御紋のパスポートは格好の標的。代わりのIDは無いか・・・ということで検索したら、こちらのサイトにたどり着きました。

    ただ、小型船舶は実技試験もあって面倒だなぁ・・・と思った怠慢な私は、もっと楽な免許がないか調べたところ、無線従事者免許(の一部)に英語併記があるのを見つけました。その中で最も易しいと思われる第一級海上特殊無線技士の取得を目指して勉強を始めたところで、更に朗報が入りました。

    アマチュア無線技士の免許証に英語が併記されるそうです。それも全ての級なので、一番易しい4級で英語のIDが入手できてしまいます。しかも電波法に違反でもしない限り無期限に有効です(そもそもペーパーライセンスなら違反のしようがない)。実施は平成22年4月1日発給分からなので、新年度を心待ちにしている今日この頃です。

    詳しくは総務省のサイトで。

    以上、ご参考まで。

  2. rockecco

    海外 船舶免許 身分証明でたどり着きました。
    IDとして使えると言うことで、今度海外へ行ったら使ってみたいと思います。

  3. rockecco

    ずいぶん前にコメントしたrockeccoです。

    先日インターネット決済のPayPalから身分証明書を提示しろという連絡が来たので、
    船舶免許を提示したところ、あっさりと審査が通りました。

    本当は運転免許でないとダメなのですが、例によって運転免許は英語表記がないため、
    審査で落とされることがあるようなので、これは使えるかもと思った次第です。

    身分証明として海外で通用することを実体験できました。

  4. rockecco

    先ほどコメントしましたが、

    せっかく通用したと思ったのですが、
    数時間後に別の審査で一部書類上の不足点で免許証が必要となってしまいました。
    残念・・・。

コメントを残す