TOKYO FM出演メモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5万円のパソコンと言うことで、ASUSのEee PCに注目している人が最近多く、普段は全く縁のないオールドメディアの一つであるラジオ局から出演依頼が来た。

TOKYO FM茂木淳一さんと小山ジャネット愛子さんがパーソナリティーをしているWONDERFUL WORLDという番組で、月曜日から木曜日の午後5時から8時までの3時間番組である。

EeePCの記事はまだ書いてないのに、Webなどで調べたらしく、24日木曜日に番組の作家の方から30日にラジオ出演して欲しいという趣旨のメールだったので、その時間は予定も入ってないので問題ない旨の返事をする。

電話で打ち合わせしたかったらしいので、電話番号を書いて送ったが、メール送って1時間くらいで折り返し電話が来た。そこで簡単にどんな内容なのかの説明を受ける。ラジオは初めてで、どんな話をすればいいのか聞くと、いくつか質問され、ラジオでもそんな感じで答えてくれということで、打ち合わせらしい打ち合わせは特にない。おそらく、いくつかした質問の中で、ちゃんと受け答えが出来る人かなどの確認もしていたのだろう。翌週またスタッフから連絡があるとのこと。

水曜日の出演なので、月曜日には電話が来ると思ったが、次に連絡があったのは火曜日。

ここで、またいくつか質問され、当日もそんな事を答えてくれとのこと。

時間は午後5時40分くらいからだとのことで、10分くらい前から待機していてくれとのこと。

事前にメールで往復1回、電話2回しか打ち合わせしない状態で、電話出演とはいえ本当にラジオに出演するのか不安だったが、当日も前日に言われた時間の少し前に電話がかかってきただけなので、余計緊張してしまった。

普段はラジオなんか聞かないので、捨てる直前のMD付のチューナーを物置から引っ張り出してきて、アンテナをつないで録音の準備。番組が始まる少し前から、事前にどんな事が語られるかをモニター。

午後5時から8時までの3時間番組を5万円のパソコン特集みたいにするらしく、冒頭からそんな話をしている。ちょっとしたミニコーナーみたいなのにでるのだと思っていたので、また緊張。

電話は音質のことなどもあるので、固定回線にかけてくるのだと思っていたが、携帯電話の方にかかってきたので、前後の会話を録音することが出来なかった。

電話では、今日はよろしくということで、特に事前打ち合わせもなく、ボリュームチェック用に電話で「1、2、3・・・」と数を数えさせられる。しばらくするとつながるから話してくれということで、電話からはラジオの内容がそのまま流れている。
紹介されて話しかけられ、それに答えてを繰り返していたらすぐに終わってしまった。

実際は5分くらいだったようだが、妙に短かったような感じがするし、話し足りなかったり、違ういい方すれば良かったなとか反省点はたくさんある。この辺はラジオやテレビにあまり出たことのない人の感想と同じだ。

通話が終わった後の会話を録音で聞くと、話しきれなかった事前に聞かれたことが補足されていた。
事前にいろいろ聞かれたのは、そんなことも含めてなんだなと納得。

やっぱり、短い間に要点をまとめてちゃんと話せるようにするには練習が必要だな。ポッドキャストとかで練習しておこう。これは数年前にも宣言しているけど。

出演メモ
2008年1月30日 TOKYO FM (80.0MHz)、WONDERFUL WORLD番組内 17:45頃から17:50頃まで電話出演。

コメントを残す