プロダクトエキスパート」タグアーカイブ

Google Product Experts Summit 2022 Singapore

Google PE Summit 2022 – 本番イベント編

わざわざシンガポールに来たのは、このイベントのためです。
GoogleのProduct Expertプログラムに参加するのは、このイベントのような特典目的の人から、各プロダクトの知識を深めたい人、今となっては何のために参加しているのかよくわかっている人など様々です。

少なくとも世界各国の参加者がリアルで合って、Googlerと直接意見を交わせるこのイベントは非常に重要とほとんどの参加者が感じているようです。

Icebreaker Session

はじめは何をやるのかわからないセッションで人数も少なめだったが、この後人数は数倍に

Icebreaker Sessionというのがあるとのことなので行ってみます。
プロダクトに関する何らかの情報が得られると思ったら、最終的にわかったのは単なる昼食付きパーティーでした。

Pixelの紹介、Windowsで遊べるGoogle Play Gamesのデモなどもありましたが、基本はパーティーです。
そうとわかれば、とりあえず今回の各国からの参加者と話します。

APAC地域での開催ですが、それまでやったイベントに参加出来なかった地域からの参加もありました。APAC以外では、南米のペルー、イギリス、ナイジェリアそして、ウクライナからも来ていました。
APAC地域では、インドネシア、インド、ベトナム、バングラディッシュ、ニュージーランド、韓国など各地域から参加者がいました。

なによりも驚くのがウクライナからの参加者で、今までのイベントでも参加しているのは知っていたし、今回は難しいだろうと思ってたら、とにかくすごく前向きで何人も参加していたのが印象的でした。早く平時に戻ってもらいたいです。

このイベントに行く目的は、いろんな地域の人と直接話をすることで、そのついでに、勝手につくったアイコンステッカーを欲しがる人、欲しくもないけど配ってるからもらうそれぞれの立場のいろんな国の人に無理矢理渡しました。
今回は折り紙でつくった折り鶴もついでに無理矢理配りました。

食べかけの昼食

イベントは3時間くらいありますが、特にイベントもなく、参加者同士と談笑するだけです。

今回のイベントで一番怖いのは新型コロナウイルスの感染です。イベント開始から5カ国くらいのマスクしていない人との会話で、これは完全に感染したなと確信しました。そして、あきらめました。(この時点で感染しただろうからマスクをするのは止めましたが、私以外誰もしていないフェイスガードは持ち歩きます)

この後は2時間くらい後に、Googleオフィス見学、その後はパーティーなので移動します。

Googleオフィス見学

SingaporeのGoogleオフィスロゴ、横から見るとWelcomeになっている

一部プロダクトで行われたオフィス見学です。

ホリデーシーズン仕様の受付ロゴ
レゴの何か
バリスタがいるカフェ。
これ以降夕方なのでオフィス内には基本誰もいない(リストラされていないのかも知れない)
何カ所もあるマイクロキッチン
YouTube仕様のマイクロキッチン
何カ所もあるカフェテリア
謎のスペース
フォンブースみたいなの
スタジオ
遠くから見ないとわからないGロゴ
YouTubeのロゴがあるところ
鏡の間

見学できるのは実際のワークスペースではないですが、いつでも飲み物を飲めるマイクロキッチン、果物やお菓子類が用意されたスペースなどなど、どこの国のGoogleオフィスも同じように充実しています。

オフィス屋上から見る風景
ビルの上にある庭園とYouTube名物の滑り台(地上の公園ではありません)
ボードゲームコーナー(今度来るときは百人一首を勝手に置いてこようと思いつつ忘れた)

他にもビリヤードなど、仕事せずに遊べるスペース、昼寝会場もあります。

Party at Google Singapore

バンドの生演奏付き(音が大きくて話声が聞こえない)

Google Singaporeにあるオフィスの一番大きいだろうカフェテリアでのパーティーです。
APAC関連でGoogle Singaporeの住所に書かれている場所です。

シンガポールスリング

飲み物はシンガポールスリング、ビール、ワインなどなどが用意されます。

春巻きコーナー
シンガポールの焼き鳥サテなど
センスになんか書いてもらえます。もらい損ねました

昼のパーティーは昼食とお茶、その他おやつがメインでしたが、夜はバンド付きでお酒もありとなります。
昼の続きでお話に熱心な方、バンド演奏で踊る人などもいますし、中国獅子舞も登場しました。

ここからが本来の目的のイベント

Chamomileというお茶

前日は9時過ぎに終わり、10時にはホテルに戻ります。
私は翌日に備えてすぐ寝ます。起きるのはいつもと同じ早朝で、暇なので、部屋にあるよく知らないお茶を飲みます。

朝7時に本番イベントに向けて、ホテルから用意されたバスで移動します。

ホテルに設けられたイベント用受付
イベント会場のロゴ

Opening

オープニングの内容も非公開みたいですが、今から始まるよ的な物です。

廊下の絵

個別セッション5件

いろんな所にあるワークスペース

プロダクト別にリアルタイムで参加出来るセッションは5件。多分合計30件くらいのセッションがあるのかな。
内容は公開出来ないので何も書かないですが、Googleの各プロダクトの担当者が、そのプロダクトの新機能とかについて喋ったり、ライブQ&Aに答えたりしてます。

昼食
謎の色つき米
何かはよくわかりませんが、出てくる各食事には各宗教、アレルギーに配慮した説明があります。
おかし

途中に昼食休憩、お菓子休憩などがあります。

ロゴ付きカップケーキ

自分が参加してないセッションについては、どのセッションが白熱していたか(ライブQ&Aが燃えていたか)を情報交換したりします。

Closing

多分この画像は怒られないでしょう。

イベント終了ですよ的な物がクロージング。

Party at CÉ LA VI

イベントが終わったら、パーティー会場へ移動です。
直前に公表されるので、どこに行くのかは事前にわかりません。公表された後に調べたら場所にビックリです。

天気が悪かったので、屋上含むパーティーは不安がありましたが、屋内エリアもあり、何とかなって夜が更けると雨も止みました。

CÉ LA VI入口にPESSGP22ロゴ
マリーナベイサンズの下にあるCÉ LA VI専用エレベータ。プライベートイベント表示です。
到着は夕焼け時間ですが、雨は止みかけて雲が微妙
日が暮れてからの逆側の眺め
なんか見たことのある絵だなはここから撮ります
飲み物メニュー。クラフトビールを飲み損ねました。
PES Love
食べ物
もろもろはしゃぎます
DJブースはなぜかリクエスト不可

会場はCÉ LA VI Singaporeの一般客が入れる下側エリアを除く、全体を貸し切って大きく分けて2カ所。食べ物スペースとDJ付き騒がしスペース。
今までのイベントの中で一番すごい会場でした。(最終的に予算が余ったのだろうか)

全体的にみて今回のイベントスタッフはかなり頑張ったと思います。

イベント終了、夜11時頃の会場。こんな時間に新規に客入れしているけど、朝4時くらいまでやってるらしい

イベント終了後、ホテルに戻りますが、この後、飲み足りない他の国の人達に(半強制的に)誘われて、午前1時半まで付き合います。帰れなくなってしまいます。

夜更けで天気が良い感じになってきた。下でやってた噴水ショー見逃した。