Core 2 Duo時代のPCを入れ替える大作戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Core 2 Duo E6550のCPUを使ったほとんど活用されていないPCがある。
これをどうにかして生かそうと思っているが、これがなかなか難しい。

マザーボードはASUSのP5K Proを使っており、メモリはDDR2 PC2-6400で1GBx1の2GBという構成だ。

OSを入れ替えて実験的に使っていたのだが、ほとんど使わなくなったので、これをなるべく有効利用しながら、最新の環境にしたいと思っている。

電源は400Wで80ブロンズのものである。

マザーボードを生かすなら、Core 2 Quad Q9550 (2.5万円程度)やCore 2 Quad Q8400(1.5万円程度)と、メモリ合計8GBくらい(1.6万円程度)を選び、3万円から4万円程度でそれなりの環境になる。今あるメモリを生かし、合計6GBにするなら、2万円強でクアッドコアにも出来る。

マザーボードを替えてCPUも世代交代させるなら、LGA1156の構成となる、Core i7-860(2.6万円程度)、マザーボード(1.5万円程度)、将来生かすためPC3-10600(DDR3-1333)のメモリ4GBx2で8GB(3万円程度)。合計7万円程度の出費となる。
メモリをけちって2GBx4にしたところで2万円程度なので、この価格差で将来増設するなら4GBx2の構成で準備しておくのが得策かと思われる。

7万円も出すなら、将来メモリ24GBに出来るLGA1366の構成にした方がいいのではないかとも考える。この場合、Core i7-930(2.8万円程度)、マザーボード(2万円程度)、メモリ4GBx3で6万円程度。合計11万円である。メモリをけちって2GBx3にすればメモリ代は1.5万円ほどになるので、6万円程度の出費でも何とか出来る。
この場合、10万円くらいの臨時収入があったり、6コアの廉価版が出たりすれば、入れ替えることも容易だろう。

安く抑えるならCPUをCore 2 Quadに、メモリを強化する程度の2万円台コース。世代を上げた6万円か7万円コースかということになるが、ここで問題は400Wの電源である。
これはまだ十分使えるが、将来世代を上げたコースにした場合、400Wの電源は非力だ。
ビデオカードの2枚差しでGPGPUも考えるとなると、心許ない。

電源も含めて世代交代させるなら、LGA1366を新規に組み直すのがいいような気がする。
さらに、これ以外に、すでに世代が2つか3つ古いPCが2つあり、今となってはどうしようもないこの2つを2万円でアップグレードしたCore 2 Quadに統合するのも悪くないような気がしてきた。

コメントを残す