日本の健康保険ってほとんどの人が赤字だよね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は国民皆保険なので、全員が何らかの健康保険に加入していて、年間そこそこの保険料金を払っている事になっている。
所属組織、収入などによって、保険料金は変わるが、年間15万円程度が基準だろう。

一般に、医療費は3割負担なので、1万円の医療費がかかったら3千円払っている。
年間12万円の医療費がかかると、保険により実際に支払う医療費は3.6万円になる。
つまり、保険料を年間15万円支払い、医療費に3.6万円払うので支払合計は18.6万円になる。保険に入っていなければ、まるまる12万円払わなければならないが、保険料金がないので6.6万円安くなる。

つまり、年間の医療費が一定以下なら、健康保険に入らない方がお得だと言うことだ。

このグラフを見てわかるように、年間の保険料が15万円程度の場合、医療費が21万円(3割負担で6.3万円)以上になると保険に入っていた方がお得となる。医療費が21万円以下なら、保険に入らず全額負担した方が安い。

一般に年間6万円も医療費に使うことは少ないと思われ、ほとんどの方が保険料で赤字になっているだろう。
もちろん、大きな病気になったとき、事故などに備えてという意味では保険に入る意味はある。
保険に入っているほとんどの方にとって、赤字になるのは保険の制度から言って当然でもある。

しかし、その保険制度自体もほとんどのところで赤字なわけで、どれだけ無駄な医療費が使われているのか、もしくは病気の人が多いのか。

コメントを残す