テレビなんて単なるモニター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCにおいて重要なのは、PC自体の性能であって、モニターの性能ではない。もちろんモニターの性能が高ければそれにこしたことはないが、モニター自体が高性能すぎても仕方が無い。

同じようにテレビの場合、映像が表示機能と、音が出るスピーカーの機能がそこそこならそれで十分とも言える。
チューナーを内蔵するなどして、放送波が映る機能は付加機能でしかない。最近ではネット対応機能などを付加しているが、HDMIなどのケーブル一本で様々な機器に接続できるようになっているので、STB(Set Top Box)なんかのモニターとして使えば、当分陳腐化せず使用できる。
これからは、スマートフォンやらでも無線などを通してテレビに映像を表示するのが当たり前に使われるようになり、STB自体も変わっていきそうでもある。

テレビが情報のハブになってどうのこうのという考え方自体がもう古い。単なる情報を表示するだけのモニターだと考えれば、電機メーカーのシェアやら利益やらは大して重要でもないことに気づくだろう。

コメントを残す