真のノマドワーカーは携帯電話の番号にこだわる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノマドワーカーとは、遊牧民のように特定の場所で働かない人の事を言う。
今なら、インターネット環境とノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどを使えば特定のオフィスにとらわれること無く、十分仕事が出来る。このような事が出来る分野の仕事なら、特定の場所にとらわれている必要は無い。
都内のカフェで働いてもいいし、立山でも、タヒチでも、ベルクシュトラーセだろうがどこでもいい。

そんなノマドワーカーの直接のコミュニケーション手段と言えば、メールやSkypeや各種IMなど、ITを駆使した物が基本だろうが、世間一般とのコミュニケーションで基本となるのは携帯電話だろう。
クリエイティブな仕事をされているのに、足立区では残念なように、電話番号は東京23区の03それも山手線の内側や渋谷区、港区などのNTT局内にこだわるのが基本のように、携帯電話の番号もこだわるのが基本だ。

携帯電話は現在の090や080になる前に、一桁少ない030から始まる番号などが使われていた。
このとき、NTTドコモ中央の030-10-xxxxxを使用していた人こそ、東京圏で携帯電話を活用してた初期のノマドワーカーだ。(厳密には番号は細かくいろいろとあるが、基本はこれ)
これが、現在の090-310x-xxxxに変わっていくわけだが、080などの番号を使用していては、最近ノマドのまねごとを始めた素人に見えてしまう。

携帯電話の番号は、1996年に030に加えて080が登場、この頃の番号を使っていれば、1999年に一桁増えた11桁の090-3xxx-xxxxや090-8xxx-xxxxにつながっていく。
当然、今20歳くらいが090-310x-xxxxなどの番号を使っていても、再割り当てされた物だと認識されるだろう。少なくとも35歳以上でノマドワークを自慢するなら、090-310x-xxxxなどの昔からやっている証拠となる携帯番号を、足立区以外の住所のと一緒に名刺に印刷すべきだろう。

コメントを残す