ニンテンドーDSiサウンド用ファイルの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AppleのサイトからiTunesをダウンロードしてインストールする。

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

iTunesにCDを取り込む。

iTunesで取り込んだファイルはiPodにも転送できるし、そのファイルはニンテンドーDSiサウンドでそのまま再生もできる。

取り込んだファイルは、Windowsの場合、 マイドキュメントのミュージックフォルダのiTunesなんとかという名前以下に入っているので、iTunes Musicなんとかのフォルダを丸ごとニンテンドーDSiで使うSDカードにコピーする。

ちなみにSDカードは、ヨドバシカメラとかで買うよりも、秋葉原とかの部品屋で買った方がものすごく安い。

このSDカードをニンテンドーDSiに入れて、ニンテンドーDSiサウンドを起動すると再生できるようになる。

iTunesはアーティスト名フォルダの下に、アルバム名フォルダが作られ、ここに各音楽ファイルが配置される。
ニンテンドーDSiサウンドでは、アルバムフォルダしか認識されないので、大量のCDを取り込んだ場合は曲を探すのが面倒になったりするので注意。

取り込んだアルバムが多すぎる場合、ニンテンドーDSiのSDカードのファイル構造を少しいじっておくと便利かも。

例えば、音楽ファイルを置くフォルダはアルバム名にしないで、iTunesが作ったアーティスト名フォルダに移動するのが便利かも。

コメントを残す