将来のヒューマンインターフェース予想 指先部門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今のところ最先端のインターフェースといえば、Wiiのような物か、iPhoneやらの画面を指で触った時のタッチセンサ、最新の物としてMacBook Airの3本指までに反応する物もあるが、どれも今の延長でしかないね。Wiiは多少新しいけど、やってること自体は技術的なすごさはそれほどない。

このうちありそうな物としては、PCのカメラを使ったセンサ。
カメラの見えるところで、指のジェスチャーをするだけで、ウィンドウの操作ができれば面白そうだ。

カメラで手と指の形を認識し、手のジェスチャーをどうにかすることで、スクロールやページ送り、別のウィンドウを前にしたり、しまったりが出来るようにする。

画像認識技術で、人の顔や笑顔を認識できるようになってるんだから、指の形をリアルタイムで認識できるようになるのも時間の問題だろう。

PCでも出来るし、PS3だったらパワーが余ってるからやろうと思えば出来るだろうな。

2008年4月23日追記:
Publicis & Hal Rineyというサイトでこのコンセプトと似たことのデモができる。
http://www.hrp.com/

2008年5月31日追記
Cam-Trax Technologiesが、このコンセプトそのままのをやっている。
http://cam-trax.com/

2008年8月22日追記
Macに内蔵されたりするiSightを入力インターフェースにするTouchéというのが登場した。
http://code.google.com/p/touche/

2008年10月16日追記
MicrosoftがTouchlessというデモを公開した。
http://www.officelabs.com/projects/touchless/Pages/default.aspx

将来のヒューマンインターフェース予想 指先部門」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Human interface of the future expected fingertip operation « kamikura.com Blog English Edition

コメントを残す