タグ別アーカイブ: PET

ペットボトルの再利用はやはりできないと判断された件

ペットボトル再使用は困難 衛生面不安と業界見解 共同通信

飲料などの業界団体でつくるPETボトルリサイクル推進協議会は5日までに、環境省が導入を検討してきた使用済みペットボトルの再使用制度について、洗浄しても汚れが完全に除去できない恐れがあるとして、日本での本格導入は困難との見解をまとめた。

これは2008年2月頃に環境省が導入を検討したことで、この頃、実際に一部小さな範囲でやっているというドイツへ10人くらいが視察に行くなどしたはずだが、結局実現しないことになったようだ。

この件に関しては2008年3月1日に実現できないと言うことを書いている。

日本でペットボトルの再利用はほぼ実現不可能

私なら1日も掛からず判断できたことを、3年もかけて何をやっていたのか疑問であるが、まあ当然の結論である。

再利用やリサイクルをよく知らない人もいるようなので書いておくと、ペットボトルはPETボトル、つまりポリエチレンテレフタレート(ポリエステル)で作られた飲料のボトルである。
その、樹脂をどうするかが問題である。

ボトルをそのまま飲料用に使用する 再利用
ボトルを回収し、樹脂として再利用し、ポリエステル(PET)繊維などで使う リサイクル
ボトルを回収し、樹脂を分解し、再度PETとして重合 リサイクル
ボトルを回収し、樹脂を他の物と混ぜて使う リサイクル
ボトルを回収し、樹脂を燃やして熱として再利用 リサイクル

このように、そのまま廃棄する以外はほとんどの方法がリサイクルであって、再利用とは意味が異なる。

本当の意味でペットボトルをどうにかしたければ、イメージだけエコな薄型ボトルなどを使わず、そもそも使わなければいいのである。

植物由来成分から作られるコカコーラ社のペットボトル(PETボトル)

植物由来素材の次世代型PETボトル 「プラントボトル™」「爽健美茶」「爽健美茶 黒冴」「い・ろ・は・す」で導入

ペットボトルはPETボトルの略で、PETはポリエチレンテレフタレート(PolyEthylene Terephthalate)の略である。
Wikipedia日本版によると、テレフタラートと書いてあるが、日本の化学業界ではテレフタレートの方が一般的だと思うがちがうのだろうか?

このPETはエチレングリコールとテレフタル酸を脱水縮合して製造するのが一般的だが、コカコーラ社が発表したものは、エチレングリコール部分を植物由来成分から製造するのだそうだ。
化学製品は原料がなんであろうが、化学式的に同じ物なら性能は基本的に同じなので、各種性能が従来品と同じというのは当然のこと。

PETは化学会社が製造するが、このコカコーラ社のPETをどこで製造しているかは不明。
デンマークでは導入済みとのことなので、ヨーロッパの樹脂メーカーが製造しているのだろうか?
この辺は要調査。

PETボトルは、その樹脂を使い、試験管風のプリフォームという物を製造する。
今回採用しているボトルは厚みが薄い物のようなので、国内の自社工場でプリフォームを成型していると思われる。ということは、樹脂自体はその工場に入っているのだろう。
そのプリフォームをボトルの成形機で最終的にボトルの形状にする。

ボトル自体はアセプティック(無菌)のようなので、その工場内で充填しているのだろう。
コカコーラの場合、日本全国にいくつか工場があり、それぞれの工場の設備も違うだろうから、プリフォームから製造していないところもありそうだ。

今回発表された製品は、いろいろと興味深い。