DMC-FZ1000を買おうかと思ったが、でかいので驚いた

パナソニックの4K動画対応レンズ一体型カメラLumixのDMC-FZ1000が発売されたみたい。
量販店で実機を見てみると、でかすぎて驚いた。

サイズ的には、APS-C一眼レフと標準ズームをつけたのと同じくらい。
パナソニックで比較すると、DMC-GH4と標準ズームをつけたのと同じくらい。

はっきり言ってでかくて重い。

仕様上のサイズと重量は
136.8×98.5×130.7mmで831g

キヤノンEOS 70Dの本体のみの場合は
139.0×104.3×78.5mm 755g

で70Dとレンズを入れたのは大きいが、センサーサイズを考えると、FZ1000のサイズの大きさが気になる。
もちろん、レンズが望遠側で400mm相当なので、その辺の違いもあるが、とにかくでかい。

このサイズなら、将来出るだろうもう少し小さい4K動画が撮れるカメラを待つのが得策と考える。
この手のカメラでは個人的にはファンダーもいらないし。

他に、電動ズームが個人的に非常に遅く感じるとかいろいろあるけど、1年程度で買い換える人以外はまだ待ちだね。

http://panasonic.jp/dc/fz1000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください