生類憐みの令 中野囲町 – 江戸を歩く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中野囲町

ある時、危機管理の専門家としても名高い、元警察官佐々淳行の著作を読んでいたら次のような一文があった。

警察大学校の正門のところにたむろしたデモ隊のラウド・スピーカーによるアジ演説を聞いていたら、
「ここォ、中野区囲町はァ、昔ィ、”犬公方”綱吉がァ、犬を保護していた場所だァ、いまやァ、吉田反乱内閣のォ、”イヌ”どもがァ、人権弾圧のォ、教育訓練を受けているゥ、場所であァる。警察法改悪、絶対反対!! ただちに人民へのォ、弾圧をォ、やめろォォォッ」
などとやっている。なるほど、それで「囲町」なのかと納得させられたものだった。

佐々淳行著 目黒警察署物語 佐々警部補パトロール日記 文春文庫 P247より

1954年に施行された警察法改正と、2001年に移転する前まで中野サンプラザの横にあった警察大学校に関する話題だ。
現在の住所に囲町という名称は残っていないが、この土地は犬など動物を保護していた場所であり、警察大学校の前は陸軍中野学校が合った場所でもあり、江戸から現代の歴史をたどる上で非常に重要な場所となっている。

ということで、いつか行ってみたかったここへ2007年に行く機会があった。
そこで驚いたのが、囲町の名称が唯一残る区役所横の囲町公園が売却されることであり、仮設広場などでは犬を禁止していると言うことだ。

中野囲町

中野囲町

それから2年、売却された土地がどうなったのか見学に行ってみた。


http://www.youtube.com/watch?v=8W0stXHQNZA

中野囲町

警察大学校の跡地は基本的にそのままだが、囲町公園はコインパーキングに。跡地の西側では、高層ビルの建設を反対しているようなので、そのあたりの開発計画があるのだろう。今は壁に囲まれているが、ここが緑地のままだったら環境が良さそうなだけに、反対する方の気持ちはわからないでもない。

それにしても、前回も気づいていたが、このあたりを歩いても特に何もない。あるとすれば、公園で動物禁止となっているのを確認することくらいか。

これで本格的にこの跡地が開発されたら、どうなってしまうんだろうか。

中野囲町の写真ギャラリー

生類憐みの令 中野囲町 – 江戸を歩く」への1件のフィードバック

  1. Kogawa Tetsuo

    中野区囲町 その直ぐ傍に、 今は消滅した 中野自動車教習所があった。
    一時期ではあったが、そこに籍を置き、教習指導員の真似事をしていた。
    府中に行って、合格した生徒さん?が、 菓子折り持って訊ねてくれたのが
    最大の歓びであった。 商店街の女将さんや旦那衆が多かった気がする。

コメントを残す