YouTubeパートナーになってはみた物の・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も断られたが、ようやくYouTubeパートナーになった。

YouTubeパートナーとは、Google Adsenseによる広告が動画についてマネタイズ出来るようになり、動画の長さや容量の制限が緩くなると言うような物。
パートナー専用の機能もいくつかあるが、ユーザーがもっとも恩恵を受けるのは上の二つだろう。

パートナーになってはみた物の、これになれる基準は相変わらずよくわからない。
個人的に思ったのは、著作権的に問題ないそこそこちゃんとした動画をアップロードしていて、視聴者数が多い人や、YouTubeの担当者が気に入る動画をアップロードしていれば確実にパートナーになれる。

ブログなどにある情報によれば、アップロードしている動画の総視聴回数が数十万レベルでも、パートナーになれるらしい。
たとえば、電車が走っているところや、飛行機の離着陸シーン、オリジナルのアニメなどの投稿者は、結構パートナーになっている事も多い。他にはメディア系企業のアカウントも、数字は少なくてもどういうわけかほとんどがパートナーになっている。

YouTubeからお誘いがあるようなこともあるとのことだが、担当者が好きな動画をあげている人に送っているのか、広告媒体としての価値があると判断しているからかはわからない。
少なくともそんな連絡があった場合、YouTubeのお墨付きということで喜んでいいとは思う。

そうでない場合、いろいろな説があるが、そこそこの動画をアップロードしているのなら、とにかく再生回数やチャンネル登録者数がすべてだと思う。
日本なら総視聴回数100万、チャンネル登録者数100以上くらいでなれるのではないかと思う。
実際、私の場合は、チャンネル登録者数はもう少し多かったが、今まではほぼ無視という状態だったのに、動画の内容自体は特に変えることなく、数字さえあがったら認められた。

認められてからは、実際に広告が配信されるようになるまではとんとん拍子に進む。
機械的に処理されているらしく、YouTubeとGoogle AdSenseのアカウントを関連づけるような作業をし、著作権などに関する規約を守らせるためのチュートリアルなどを終わらせれば、広告配信設定が可能になる。
すでにあげた動画も、あとから広告を出せるように設定できるが、設定から数時間後には広告が配信されているのが確認できた。この広告表示までの期間に何をしているかはわからないが、人力か何かで動画をチェックしているのだろう。

問題は、どれだけ儲かるかだが、こればっかりは始まったばかりでよくわからない。
通常の広告とは異なり、結果がわかるようになるまで2ヶ月前後かかるとのことだ。
パートナーになると、AdSenseに「コンテンツ向け AdSense のホスト」というのが表示されるようになる。これが何かはわからないが、YouTubeと関係しているようだ。
これを見る限り、広告としての効果は通常のWebと同程度のようだ。つまり、1,000PVあたり数十円から数百円という感じだと思われる。

それ以上に問題なのが、Webのアップロード画面なんかが、パートナーになると変わるという点。いい方に変わるのではなく、通常のYouTubeユーザーが昔使っていた物になり使い勝手が悪い。
さらに、私の動画が容量が大きすぎるからなのか、半分くらいの確率で、アップロードを失敗する。単にWeb画面でエラーになるのならいいが、Internal Server Errorなんかが表示される。

このまましばらく様子をみることにしたい。

追記:
その後、2009年12月にアップロード画面が一般ユーザーと同じになった。
すでに一般ユーザーではないので、全く同じかどうかはわからないが、同等になったようだ。しかしアップロードに関しては問題もある。

YouTubeで2GB以上の動画をアップロードする方法 パートナー向け

http://www.youtube.com/user/masarukamikura

コメントを残す