とって出しビデオカメラの検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな意味でビデオカメラも手軽になってきたが、編集が面倒なのは昔からあまり変わってない。
特に、AVCHDのフルHD動画をフルHDで編集、ネットにアップロードするというのは、編集に時間がかかり、エンコードはもちろん、アップロードも時間がかかって面倒でしょうがない。
きっちりした動画を制作するなら、それなりに高画質で撮影して、しっかりと編集したいところだが、とって出しの動画はもっと手軽に撮影、編集、アップロードしたい。

とって出し動画とは、撮影して適当にカット編集し、撮影直後にアップロードする動画のこと。ライブのだらだらした物ではなく、ある程度編集してあり、速報性がある動画である。

ということで、いろいろとビデオカメラを検討すると、唯一三洋のXactiならカメラ内での不要部分の削除(トリム)、2つの動画の統合が出来ることがわかった。
処理時間は専用機ということもあり、PC上でエンコードするのとは比較にならないほど高速だ。
ということで、少し前のは持っているが、最新のを検討してみることにした。
いろいろ見ると、バッテリ駆動時間などの関係から、DMX-SH11が良いのではないかという結論になったが、2010年10月現在の最低価格は3.2万円程度。

どのカメラを使うかはともかく、わざわざ3万円もかけてカメラを買うのは無駄では無かろうか。720pの動画ならiPhone 4で撮影できるし、iMovieを使えばカット編集程度なら問題なく可能。もちろんその場でアップロードも可能だ。
Xactiを使ったとしても、PCなどからアップロードしなければならず、面倒な事には変わりない。

コメントを残す