YouTubeのいい加減なパートナー動画の審査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeはランダムにアップロードされた動画について、嫌がらせのような事をやってくる。

YouTubeパートナーというのになると、動画に広告をつけられるようになる(レベニューシェアなどという)のだが、それには権利上問題のない動画であることを記入する必要がある。
そこで、権利上問題のない動画である(実際に問題はない)と記入してもランダムでおかしなメッセージが送られてくる。
ランダムというのは、ほとんど同じ内容の動画で同じ説明を書いたとしても、メッセージが届く場合と届かない場合があるのである。

大抵は深夜に送られてくるので、日本以外のどこかでやられた物のようだが、権利上全く問題のない動画をアップロードしているのに、権利者のサイン入り契約書を送れといったメッセージを送信してくる。

文面は全て同じである。

YouTube Claim

YouTube のレベニューシェアクレーム文書

これは、一回目の嫌がらせ(動画の情報をもっと入力しろというメッセージ)の後に送られてくる二回目のメッセージ。

私の場合、報道(プレス)として正規に発表会などに参加し、正規に撮影してその動画をYouTubeにアップロードしているが、その動画についてYouTubeがいちゃもんをつけてくるのである。

発表会などでは、撮影に関してはダメだと言われない限り全く問題なく、そこに契約書などは存在しない。
おそらく数百人参加するそれぞれに契約書などを書いていたら、ものすごい手間になるわけで、全世界どこでも行われていない。それは世界各国で取材して共通だった。

それでも、契約書を送れというYouTube。
いったい何なのか。

YouTubeのいい加減なパートナー動画の審査」への1件のフィードバック

  1. nccgondo

    まったく同感です。まったく同じ理由で困っていました、似たような事例を検索していてここに着きました。まだ事例が多くないのではっきりは分からないのですが、英語で申請したものは今まですんなり通っています。再度申し立てをするときに、最初と同じ内容を英語で申請したものも通っています。どうも日本語スタッフが足りなくて、英語以外で書かれた申請は、意味不明として却下されているのではないかと疑っています。

コメントを残す