任天堂 2012年1月27日の経営方針説明会でのこれから情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年1月27日(金)経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会 任天堂株式会社 社長 岩田聡 講演内容全文より

3DSの逆ざや(販売価格より製造コストの方が高い)解消は2012年度前半にめどが立つ。
ファイヤーエンブレム 覚醒、ペーパーマリオ、ルイージマンション2、マリオテニス、トモダチコレクション、どうぶつの森などの3DS用ソフトを2012年度(2012年4月から2013年3月)に極端に間隔を開けること無く継続的に投入する。
2Dの横スクロールアクションのスーパーマリオ完全新作を3DS用に投入。
3DSをアジア地域で本格的に展開する。
Wii Uの詳細仕様は2012年6月のE3で発表し、東京でも速やかにみせるようにする。
日本、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでWii Uを2012年末に販売する。3DSのような失敗をしないようにしっかりとソフトなどをそろえた上で。
Wii UのコントローラーにNFC機能を搭載する。
マリオカート7にある「ニンテンドーネットワーク」は3DSやWii Uの包括的なネットワークプラットフォームでこれを推進する。
追加コンテンツ購入はダウンロードソフトの「とびだすプリクラ☆キラデコレボリューション」、パッケージソフトでは「THEATRHYTHM FINAL FANTASY」が初めに対応する。
任天堂の追加コンテンツの考え方は、追加コンテンツなしで十分楽しめるが、さらに楽しみたい方向けのもの。
パッケージソフトのダウンロード販売も仕組みとしては用意を終えており、いつやるかという段階。
Wii Uでは個人アカウントを導入予定。

質疑応答が公開されたら追加予定

コメントを残す