ピーチの朝発の国際線に東京から乗るには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーチに乗ってどこかへ行くということは、なるべく交通費を抑えたいと言うこと。
東京から大阪になるべく安く行く常套手段は夜行バス。

例えば、ピーチで関空から香港に行くと、安いときで往復2万円で行ける。
一方で、夜行バスで東京、関西を往復すると1万円前後から。
距離や搭乗時間はともかく、LCCの最も安い便を考えると、東京から関西までの往復運賃はかなり割高なような気がしてくる。
成田から香港までで3万円くらいのがあれば、そっちの方が安いが、ほとんどないので(Hong Kong Expressなどを除く)、夜行バスなんかの料金を払っても関空発のピーチはそれなりにお得だ。

例えば、WILLER EXPRESS 新宿発、梅田行は5,800円。
朝6時頃着。

関空へのバスは
6時過ぎに新阪急ホテルから関西空港第1ターミナル行きで、7時10分頃着。

ピーチは出発の50分前までに手続きする必要があるので、8時発がギリギリ。

ということは、7:50発の台北(桃園)、ソウル(仁川)は間に合わない。

これより速く関空に到着するには梅田あたりに5:30くらいについているバスが必要。大阪に最も速く到着する便は毎日異なる物の、5:30の桃山台駅着が最も速いようだ。
ということは、8時発がギリギリと考えて間違いない。

つまり、台北、ソウルに東京から深夜バスで関空発の朝便で行くのは不可能。
唯一、香港便が8:30発なので、これなら間に合うが、バスが遅れたりすると致命傷。

まとめ
深夜バスで東京からピーチを使って安く行くには、香港便なら行けないことはないが、かなり厳しい。
前日泊がおすすめ。もしくは、成田とか羽田発の安いを探すのが吉。

コメントを残す