タグ別アーカイブ: ビデオカメラ

HDR-CX430VとHDR-XR520Vの重量比較と広角の状況

HDR-CX430V
本体のみ320g
中バッテリー 420g NP-FV70
大バッテリー 520g NP-FV100
広角は26.8mmから

HDR-XR520V
本体のみ510g
中バッテリー 600g NP-FH70
大バッテリー 700g NP-FH100
広角は43mmから

ワイドコンバージョンレンズ
VCL-HGA07 195g
0.7倍になる。

HDR-XR520V 現状の実重量はワイドコンバージョンレンズ含め約900g。
レンズ付けると広角は30mmになる。

HDR-CX430Vにすると重量は半分くらいになる。これは買うしかないか?

勝手に妄想 2013年のビデオカメラ

2012年のビデオカメラはいろいろな面で微妙だったので買い換えたり、買い増すことは無かった。

2013年1月のCESで発表されるだろうCanonとSonyのはそろそろ買ってもいいくらいになってるんだろう。(と予想する)

Canonのは広角に対応するかどうかだけが気になる。
さらに、MP4記録機能がどう進化するか。1080pは当然として、ビットレートの選択や、30分の記録で自動継続とかの機能が搭載されるかどうか。

SonyのはCanonが1年前に搭載したMP4記録機能をどうしてくるか。1440x1080pとかの中途半端なのでは無く、Canonのを超えるような機能を搭載したらいいね。
空間光学手ぶれ補正がどこまで降りてくるかも気になるところ。

どちらにしても気になるのはバッテリーが変わるかどうか。
何はともあれ、2013年は欲しくなる製品が出て欲しいね。

キヤノンのハイエンドビデオカメラを検討する

キヤノンがCES 2011に合わせて発表したビデオカメラに、XA10とHF G10がある。

http://www.usa.canon.com/cusa/consumer/products/camcorders/professional_camcorders/xa10
http://www.usa.canon.com/cusa/consumer/products/camcorders/consumer_camcorders/vixia_hf_g10

日本の情報
http://cweb.canon.jp/ivis/lineup/hfg10/
http://cweb.canon.jp/prodv/lineup/xa10/

XA10はプロ向け、HF G10はコンシューマー向けの最上位モデルだが、HF G10にハンドルとXLR端子を付けたのがXA10と言ってもいいだろう。
価格はHF G10が1500ドル、XA10が2000ドルとそこそこのレベルになっている。

注目は、コンシューマーモデルの広角域が40mm程度からなのに対して、こちらは30mm程度からと十分使える範囲になっている点。

重量は500g程度からと軽くはないが、それ以外の部分を考えると微妙なところ。CMOSのサイズが1/3と大きめだが、ソニーのコンシューマー向け上位モデルが1/2.88なので若干小さいとも言える。

諸々を踏まえると、XLRがあるのはいいが、それ以外の点で微妙な存在と言える。

次のビデオカメラはまたソニーか

2年ほど使用した、HDR-HR520Vを2011年春頃に買い換えようと考えているが、次のビデオカメラの仕様で考えているのは次の点。

必須
最低35mm程度からの広角
マイク入力端子付き
フラッシュストレージ記録
プログレッシブ記録

希望
ビデオライト付き
マイク入力レベル自動調整
USB 3.0対応

このうち必須機能を備えているのを用意しているのは私が選ぶ、ソニー、キヤノン、パナソニックの中ではソニーのみということになりそうだ。特にフォーマットが不明な物の、ソニーはプログレッシブ記録にも対応したので希望機能以外は全部望みを叶えてきた。Panasonicはあまり興味ないので知らん、なぜかJVCは選択肢に入っていない。

おそらく、USB 3.0を除いてキヤノンは希望機能を搭載していそうだが、広角対応していない点が痛い。
HDR-CX350Vの後継機と思われるHDR-CX560Vはセンサーサイズも一回り大きくなったので、そのあたりも機能的には不満はない。最上位のHDR-CS700Vのビューファインダーは特に必要ではないし、SSDも96GBとショボイのであまり欲しくはない。
高画質モードの時に写真同時記録機能が使えないとか、残念な仕様がいくつかあるようだが、HDR-CX560Vで十分だろう。(多分)

http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-CX370V/