タグ別アーカイブ: 音楽

YouTubeの公式アカウントのビデオが権利侵害で削除される

YouTubeが2013年9月にロイヤリティーフリーの音楽ライブラリーを公開した。

Free Music for Your YouTube Videos

ここで公開されている音楽は、YouTube含め様々なクリエイティブな用途に利用できる音楽だ。ロイヤリティーフリーなので、作曲者の権利は放棄していないようだが、ロイヤリティーフリーなので無料で利用でき、YouTubeでのマネタイゼーションも可能としている。

YouTubeの公式なアカウントYouTubeHelp
でも、いくつかの動画について音楽と静止画のみながら、こんな風に使うというサンプルビデオを公開している。

例えばThe Engagementについてはこちら

https://www.youtube.com/watch?v=Y25a3vlaX00

その中で、ロードトリップ向けの音楽としてHot Heatも紹介している。
しかし、このHot HeatはKen Lordに権利侵害で削除(2014年7月現在)されている。

youtube0805a

問題の動画URL
https://www.youtube.com/watch?v=sivJKgbmi-k
https://www.youtube.com/watch?v=sivJKgbmi-k

youtube0805b

YouTubeは音楽ライブラリーの使用で(商用利用に関しての)追加の文書を提出する必要があり、その場合は曲名とライブラリーから使用していることを書けばいいとしている。

YouTubeには、コンテンツIDという仕組みがあり、権利者が自分のコンテンツを利用しているかどうかをチェックして、無断使用があった場合には削除するような仕組みがある。
この仕組みを悪用して、実際の権利者とは異なる者が権利侵害の訴えをする場合もあり、YouTube利用のリスクとして一部の者には知られている。

このリスクをYouTubeの公式アカウントがうけた形になっている。

オー怖

吉田拓郎のマークIIの意味

iTunes Music Storeを見ていたら、吉田拓郎の新アルバム「AGAIN」が出ている(2014年6月18日発売)ことに気づいた。
アルバムからカットした曲をダウンロードしてプレゼントするキャンペーンをこれを書いている2014年6月30日までやっているようだ。残念ながら応募できない。

AGAIN – 吉田拓郎 iTunes
AGAIN Amazon

ついでに、いろいろ見ていたら「一瞬の夏」というアルバムが2005年に出ていることに気づいた。

一瞬の夏 – 吉田拓郎 iTunes
一瞬の夏 Amazon

この一瞬の夏にはマークIIが収録されていることに気づく。

マーク Ⅱ – 一瞬の夏

マークIIは「イメージの詩 / マークII」で1970年に発売されたデビューシングルらしいが、なにが「マークII」なのかは歌詞からは全く予想できなかった。
車のマークIIなのか、何かからのマークIIなのか。

吉田拓郎自身はライブで「広島の喫茶店にいた際にたまたまマークIIが走っていたから」というような事を言っていたようだが、自身による曲解説に詳しいことが書かれていることをAmazon.co.jp
でみつけた。

自分と同世代の若者の車に気になる彼女が乗って走り去った事で、同世代でこの車に乗る男が嫌いになったとかなんとか。
マークIIと言えば、クラウンまでではないものの当時の高級車。
そんな高い車に乗る若い男が嫌いになってそのマークIIをそのままタイトルにしたのだろう。

マークIIをフィジカル音源で買うならこの辺がお勧め。
よしだたくろう・オン・ステージ!!ともだち(紙ジャケット仕様)
LIVE’73

50/50 中山美穂版と小室哲哉版

小室哲哉が「50/50」という曲を1997年に中山美穂へ提供した。
歌詞は田口俊

この曲は自身のセルフカバーアルバム「Hit Factory」(1992年)にも収録されているが、アレンジが違うのは当然として、歌詞もかなり変わっている。

それぞれの歌い出しは

中山美穂版
見つめる視線 胸を刺す銀色のピン

小室哲哉版
胸の氷打ち砕く その視線 銀色のピック

ということで、全然違う。
どっちかしか知らなかったら、こんな歌詞だったっけということで、両方聞き比べたくなってくるよ。

http://www.youtube.com/watch?v=y_U2XCasS44
YouTubeにあったライブ盤のビデオはバックバンドにも注目

Amazonで中古CD買うなら、Amazon.comから買った方が安いんじゃないか説

Amazon.co.jpで中古CDを買うと、一番安いのは1円で送料が340円。合計で340円。
Amazon.comの場合も$0.01からで、送料が$2.99。
単純にこれだけ見ると、円高の関係もあり、Amazon.comから買った方が安いんでは無いかと思えてくる。

しかしながら、これに税金がかかる場合もあるが、この送料は米国内への発送の場合。日本にすると、海外に対応している販売者からの場合、3から6週間後に到着で送料は$6.89とかになってしまう。

ということで、Amazon.comで買うと割高だが、いろんなところから大量に買って、日本にまとめて送ったりするとまた違うのかもしれない。

春・ミルキーウェイからのI WANT YOU BACK

ネットを徘徊していたところ。

小室哲哉の「Digitalian is eating breakfast」(1989年12月9日リリース)に収録されている「I WANT YOU BACK」と、CoCoという1990年代初頭のアイドルグループのアルバム「Strawberry」(1990年3月14日リリース)に収録された「春・ミルキーウェイ」は小室哲哉が作曲をしており、同じ曲だと言うことがわかった。


http://www.youtube.com/watch?v=r8BgWCrte0g

おまけ

上の動画の曲は以下のCDに入っている。Cream Of J-POPにはKEIKO版ボーカルの物が収録されている。

iTunesでは下の2曲が提供されている。
I WANT YOU BACK – Digitalian is eating breakfast
春・ミルキーウェイ – CoCo☆うたの大百科その1