タグ別アーカイブ: 英語

えいご漬け

2022年もDSの「えいご漬け」でディクテーション

Nintendo DS用の英語学習アプリ「えいご漬け」が発売されたのは2006年。

当時も話題になって学習ソフトながら大ヒットとなりましたが、音声を聞いて、聞いた音を書くというディクテーションソフトとして、発売から16年経った2022年の現在でも結構使えるソフトです。

一般ユーザーが使いやすい学習アプリとしては、スマートフォン用のアプリはいくつかあるようです。大抵は有料で、QWERTYキーで入力するタイプのようです。
機能自体はおそらく悪くないのでしょうが、他の現代的なアプリ等と比べて「えいご漬け」は手書き入力が出来るというのが最大のポイントです。

さらに、通信機能も必要とせず、バッテリーもそこそこもつ。DS本体自体は中古で2,000円程度、ソフトは中古で数百円。新規で買うなら合計2,500円程度。どこかにしまってあるDSシリーズを使うならソフトだけ。本体もソフトもあるなら無料で英語の学習が可能です。

えいご漬けで使われているセンテンスは桐原書店の「データベース3000 基本単語・熟語(改定版)」の単語やセンテンスを使用しているそうで、この最新版は2016年に出た第5版です。

https://amzn.to/3Rhg5jF

さらに続編の「もっとえいご漬け」もあり、こちらは日常会話をベースにしているそうです。

「えいご漬け」で基本的な聞き取り能力、単語を書く能力などを身につけて、「もっとえいご漬け」でより実践的な英語能力を身につけるというような流れが良さそうです。

えいご漬けの学習時間

えいご漬けのトレーニングレベルは合計6、それぞれ3つにわかれ、1つあたり80のセンテンスがあるので、1レベルのセンテンスは180。

1から6レベル、さらに前置詞なども含めるとセンテンス数は1,000以上。
ディクテーションで書いた後にそのまま発音してなどをじっくりやった場合、5つのセンテンスにかかる時間は3,4分。仮に5センテンスに4分かかるとすると、1レベルやるのに2時間半くらいかかる。

ここまで集中してやれば丸一日で全部やることも不可能ではないけど、1日1時間程度やれば2週間程度で全部終わらせることも可能。

1日30分程度なら1ヶ月くらい。

英語力判定でAA以上くらいがコンスタントに出るようになって、ほとんどのセンテンスが、ほぼ1回で聞き取れ、書けない単語もほとんど無くなるくらいやりこめば、基礎力はかなりつくのではないかと思います。

1日30分を数ヶ月続ければかなり基礎力はつくでしょう。飽きてきたら「もっとえいご漬け」に移行していくのも良さそうです。

もしも、えいご漬けが難しすぎる。聞き取るのが困難なくらいな状況の場合は、レベルを下げた初学生向けなどの学習ソフトをやるのが良いでしょう。

英語の筆記体なんか実際に使っているのは老人だけ説

英語の筆記体は1980年台前半くらいまでは、日本の英語教育で使うのが一般的だったようだが、それ以降は学校によって違うとか、筆記体を教えるのは止めたとかいろいろな情報がある。

そもそも、英語圏で筆記体を普段使っている人がどれだけいるのでしょうか。
普段目にする範囲で筆記体で文字を書いている人というのはほとんどいないような。

Robert N. Noyce Notebooks
https://flic.kr/p/BkN75Q

博物館で50年前に書いた人のノートなんかを見ると、それは綺麗な筆記体(だいぶ読みづらいけど)で書かれていますが、現時点でこんな綺麗に筆記体で文字を書いている人なんかいるのでしょうか。

img_9727

そもそもちょっとしたメモ以外に手書き文字自体を滅多に見ることが無く、そのちょっとしたメモもブロック体で書いた物しか記憶にない。

全英語圏で、英語圏サイン以外に使っている人はいるのだろうか。

映画 BROTHERと筆記体問題

北野武の映画BROTHER(2001)で25分くらいに出てくるホテルのメイドからの手紙。
今時、誰も使っていないとうわさの達筆な筆記体で書かれている。

You shouldn’t spend money like this. Five dollars is enough.
P.S. You really should stop smoking.

この後に、弟役の真木蔵人が読んでいるけど、タバコの部分はなぜか読んでない。
筆記体で書いてあるけど、今時あんな筆記体で書くのはおばあちゃんくらいかな。映画公開の2001年ですら。

ただ、1970年代のアメリカ人のノートとか見ると、ものすごく綺麗に書いている人がいてびっくりする。

Adobe InDesignが英語UIで起動して日本語UIにするためにやったこと

MacでAdobe Creative Cloudを利用していて、普段は英語UI(Mac自体も含め)を使っているが、InDesignだけは日本語設定(そうしないと日本語の書籍の編集が出来ない)にしたいため、いろいろと検討した結果、Mac自体の設定を日本語にすればいいんだと結論づけやってみたら出来なかった。

いろいろやった結果、Creative CloudでのAppの言語設定を「日本語」にした状態でインストールしないと、InDesignが日本語で利用できないことがわかった。

そのためにインストールやらアプリの削除やら何やらをやっていたらいろいろと変になってきた。

やったことリスト。

Adobe Creative Cloud Cleaner Toolで全部削除
(これをやらないと、どっかに残っている設定が残り続けて悪さをする)

Creative Cloudを再インストール。Appの言語設定が日本語になっていることを確認してInDesignをインストール。

日本語で使えるようになった。

今日見つけたユニクロ英語

20131116-164758.jpg
ユニクロに行ったところ、商品の対象ユーザー表示があった。
GirlsとKids
ディスプレイから推測すると、ユニクロではGirlsは6歳前後の女の子、Kidsは6歳前後の男の子としているようだ。
英語を社内公用語化したとか聞くが、どっかずれいるようだ。