タグ別アーカイブ: Apple

iPad Proをパソコンのように使う ケース編

iPad を使う上でケースの存在は欠かせない。

ケースは使わなくても利用には問題ないが、パソコンのように使うなら机の上に立てておくことが設置する機能がケースにある。机において利用するならケースは必須と言える。
もちろんソフトウェアキーボードを使う場合にもなくてもいいが、パソコンのように使うなら、ハードウェアキーボードの使用が基本となるだろう。
使う必要がないなら使わないでもいいので、2-in-1パソコンのようにデタッチャブル型パソコン的な利用が可能だ。

どのケースを選ぶか

問題になるのがどんな種類のケースを選ぶかという点。
Appleも純正で用意しているのが、画面保護のみのカバー、スマートキーボード付きのカバーが基本。さらに、単なる入れ物のケースもある。
入れ物のケースの場合はiPadを立てて設置できない。キーボードがないケースは純正以外からの製品も多いので、様々な選択肢から選ぶのがいいだろう。

キーボード付きのケースなどもバリエーションは増えているので、純正以外のケースもチェックしておこう。

個人的に選ぶのがiPad Proケース

個人的には、本体を全面おおうケースが欲しい。必ず落とすので。

iPad Airまではあった純正のケースがないので探すと、旧純正とほとんど同じケースがいくつか見つかった。価格も2,000円程度と安いので純正よりもお買い得だ。

キーボード付きのケースはキーボードを使いたくない時もついていて邪魔なので、今回は選ばないことにする。

Apple Pencileをどうするか

問題はApple Pencileをどうやって保管して持ち歩くかという点で、これもiPadケースに取り付けられるPencileケースというのも存在しているので、全てが付いているケースを選ぶ必要はなさそうだ。

今回選んだのはこれ

Amazonの商品名には「iPad Pro 10.5 ケース 2017 Jisoncase PUレザー 超軽量 極薄 スマート カバー オートスリープ 三つ折 スタンド マグネット 耐摩擦 耐衝撃 手作り ハンドメイド 軽量 スリム Apple iPad Pro 10.5インチ 2017最新版専用 人気 全四色 (レッドWGLbt-JP2-22030)」
と書いてある。

ポリウレタン製で、マグネット機能付きでiPad Air時代に使っていた全面を覆うケースの最新版と行った感じだ。
価格は2,190円。
色は赤以外にも青や黒もある。

他にもいろいろとあるので、非純正品から探すのが良さそうだ。

iPad Proをパソコンのように使う 購入編

2017年秋に登場するiOS 11で、iPadがより汎用のOS的に利用出来るようになる。
これでクリエイティブ作業も十分可能なタブレットとしての用途が広がり、より気軽に利用出来ることから1kg前後のパソコンを使うよりも利便性が高い可能性がある。

実際にどうなのかは使ってみないと分からない。

2013年購入のiPad Airのパフォーマンスにあまり不満は無いが、バッテリーもへたり始めているし、ペン入力も可能、最新機能もフルに使える2017年モデルのiPad Proを購入することにする。

どのiPad Proを買うか

iPad Proは10.5インチ、12.9インチの2種類あるが、持ち運びの利便性を考えると10.5インチ一択。

家の中だけで使うとかなら12.9インチとかでも良いが、これを持ち運ぶのはでかくて邪魔すぎる。でかいのはまだ良いが、外出先でさっと出して気軽に使えないというのが実機を触っての印象。
私の利用環境の中で取り回しが良さそうなのは今までのiPadとほぼ同サイズの10.5インチである。

色はベゼル部分が黒になるスペースグレイ一択。
白でも良いけど。

ストレージはどうするか

iPad Pro Storage
ストレージは64GB、256GB、512GBを選択可能。

64GBは少なすぎてあり得ないので、実質256GBか512GBからの選択になる。
個人的に一番容量を食うのが、iCloud Photo内にあるiPhoneで撮影したビデオデータ。
これだけで500GBはある。
これ自体は自動オプティマイズして減らせるとして、256GBモデルで十分だろう。

音楽はApple Musicを利用しているし、基本的にiPhone内に入っているが、1,000曲ほど事前にダウンロードしておくとしても20GBもあれば十分だろう。
各種文書データも、使うかも知れない、読むかも知れない物をかなり欲張って入れたとしても100GBもあれば十分だろうか。

容量256GBのiPhoneを何も考えずに使ってもまだ80GBも余っている現状からすると、ビデオをオプティマイズすればさらに空き容量は増え、256GBで十分の気がする。

256GBで十分ではあるが、プラス2万円ほどで倍の512GBになるなら、512GBにして容量の不安を無くしてしまおうということで512GBにする。

Wi-Fiがあれば容量が少なくて済むというのは、海外などのしょうもないWi-Fi環境を使ったことのないクラウド楽観主義者の勘違い意見だ。
いざとなったときにダウンロード速度が遅すぎるので、使うかも知れないデータはなるべく手元にある事が正義である。

Wi-FiモデルかWi-Fi+Cellularモデルにするか

Apple SIMの登場から利便性が上がり、特に海外などで手軽にデータ通信の契約ができるようになったのは大きい。
1.5万円高くなるが利便性を考えるとWi-Fi+Cellularモデルを選んだ方が良いだろう。
ipad-pro-wifi

価格は117,800円(税別)だがこれに加えて必要な費用

最終的に10.5インチ、512GB、Wi-Fi+Cellularモデルにすると、117,800円。

これに壊れたときにしゃれにならないのでAppleCare+の9,400円を追加。iPadは年に数回確実に落とすが、今まではケースに守られて壊れること無かった。
iPhoneを壊し、MacBook Proのどう考えても初期不良を保証期間外での有料修理になった経験からApple製品でAppleCareに入るのは必須と言ってもいい。

iPad Pro price

税込総額で137,376円となる。
普通にパソコン買うのと同じだ。

ストレージを減らしたりすれば数万円安くなるが、誰が選んでも10万円前後になってしまうのがiPad Proということだ。

10型前後のiPadをいつ買い換えるか問題 2017

AppleのiPadはメモリが比較的大きくバッテリも大容量なため、世代が変わっても大きくは使い勝手は変わらない。
それでも各世代を比べると、いろいろと良くなっている。愛用しているなら、ある程度の世代毎に買い換えた方が得策。

だが、問題はどのくらいの世代毎に買い換えたらいいのかと言う点。

2017年はよりコンピュータ的にも使えるiOS 11(2017年秋リリース予定)に対応するiPad Proの最新世代が発売された。
従来よりメモリ空間が必要とされるようで、メモリは全モデル4GBになっている。

従来と同じ使い方をするなら、ProではないiPadでも十分使えるが、ペン入力含めてコンピュータ的に使うなら2017年発売のiPad Proは買い換え時だ。
ただし、それ以前のiPad Proを使っているならその次の世代が出てからでも遅くはないかも。

iPadを買い換える場合、ザックリと言うと3世代から4世代前なら買い換えた方が快適になる。
2017年発売の第5世代iPadに買い換えた方が良いのは、2013年のiPad Air、2012年の第4世代iPadもしくはそれより前の世代のiPadユーザー。
このユーザーはiPadを愛用しているなら、より高度な使い方も可能なiPad Proにするという選択肢を選ぶのも得策。

10型前後の液晶を搭載するiPadの主な世代

(リテーナディスプレイ搭載モデル)

2012年
iPad (第3世代)
A5X, 1GB LPDDR2

2012年
iPad (第4世代)
A6X, 1GB LPDDR2

2013年
iPad Air
A7, 1GB LPDDR3

2014年
iPad Air 2
A8X, 2GB LPDDR3

2016年
iPad Pro
A9X, 2GB LPDDR4

2017年
iPad (第5世代)
A9, 2GB LPDDR4

2017年
iPad Pro (第2世代)
A10X, 4GB LPDDR4

自分のiPadがどの世代かわからない場合。
「設定」「一般」「情報」「モデル」に書かれている「ME989J/A」みたいなのを検索する。

Apple Watchを選ぶ

Apple Watchで現実的な選択肢は、無印Apple Watchか、Apple Watch Sportのどちらかだろう。
さらに、38mmと42mmのどれか、さらにバンドをどうするかと言うことになる。

無印Apple WatchとApple Watch Sportの違いは材質。
無印はステンレスで、Sportはアルミ。表面のガラスは、無印はサファイアガラスでSportはIon-Xガラス(アルミノケイ酸ガラス)。

無印版は、そこそこ良い時計に使われている材質で、それ以外は普通は時計に使わなかったり、安い製品を中心に使われている物といった感じ。

Sport版の価格は
38mm版が42,800円 ($349)
42mm版が48,800円 ($399)

同じバンドの無印版が
38mm版が66,800円 ($549)
42mm版が71,800円 ($599)

素材違いでの価格差は24,000円($200)程度。Sport版の1.5倍が無印版といった印象。

無印版はさらにバンド違いでの価格差があり。

クラシックバックル
38mm 77,800円
42mm 83,800円

ミラネーゼループ
38mm 77,800円
42mm 83,800円

レザーループ
83,800円

モダンバックル
89,800円

リングブレスレット
38mm 113,800円
42mm 119,800円

とかになる。他に黒版もあったり。

ということで、とりあえず使ってみたいとか、スポーツで使うとか言うことならSport版を選ぶことになって5万円くらい。
無印版を選ぶなら、この1.5倍近い価格になるが、Sportバンドが特に好きということもなければ、他のバンドを選ぶ事になるだろう。この場合、8.5万円前後から。

バンドをどれにするかにもよるが、材質等の好みで無印を選んで、Sportバンドということはないだろうから、実質8.5万円くらいからとなると考えていいだろう。

普通のイノベーター層はSport版から入って、実用性が高いことを確認出来たら、次のモデルで無印版的な製品を選ぶ事になるのでは無かろうか。

4月中旬から各アプリがApple Watch対応してきているので、発売直後にいろいろなアプリが使えそうではあり、実際その辺は初期段階としては確認出来そう。アプリが洗練されるのはそれから数ヶ月かかるだろうが、半年前後つまり2015年後半にはこの手のスマートウォッチが欠かせなくなるか、必要ないかはわかる。
技術的に足りない部分等々の判断もイノベーターから、アーリーアダプター層には十分実感できそうだ。

そんな前提でも、数ヶ月後に使わなくなってもいいようなお金持ちの人は、初期段階で無印版の好みのバンドを選んで8.5万円前後を支払う。
それが確認出来るまでのお試し購入と言うことならSport版で5万円前後。それでも高いが。

一般的な初物好きの人は、使い物になることが確認出来たら次のモデルで本格的な製品を買うという形になるのかな。

iPhone 6であまるiPhone 5sを売って利益を出す方法 考察編

au版のiPhone 5s 64GBがある。iPhone 6 SIMフリーを購入する予定で、土管の品質が高そうなauで使い続ける予定だ。

この場合、iPhone 5sが余ってしまう。auで使い続けるなら、予備機として持っていてもいいが、他キャリアへMNPしたときの下取りをうまく活用して利益が出ないか計算してみる。

予定としては
あまる予定のau版iPhone 5s 64GBでもう一回線契約
MNPでドコモのiPhoneを契約して下取りで4万ポイントもらう
ドコモを解約
あまった、ドコモ版iPhoneを売る
利益が発生

という感じ。

実際は
月額料金が安いのは各種割引きなしで
プランEシンプル 1,486円 解約時日割り
LTEプラン 1,868円 解約時日割り

データ通信のプランに入ることが強制な場合
電話カケ放題プラン 4,200円 解約時に日割りかどうかは不明(Webに書いてない)
データ定額2 3,500円
LTE NET 300円

契約事務手数料 3,000円

他にも税金やら細かな料金がかかるとして、最低4,000円くらい、最大1.1万円くらいで契約してMNPで移動できるのだろうか?

ドコモの契約
基本プラン 4,200円
spモード 300円
データSパック 3,500円

解約時に日割りかどうかは、「新規契約と同月内にプラン変更した場合は、日割りされず、同月内で最も高いプランの料金が適用され」と書いてあるので日割りじゃないのだろうか。

契約事務手数料 3,000円

最大時の契約コスト
au -1.4万円
docomo -1.4万円
なんだかんだで3万円くらいだろうか

iPhone 6の料金総額 73,872円から

なんだかんだで総コスト10万円くらい

下取り 4万円相当

6万円以上で売れれば利益。

SIMフリー版iPhone 6は67,800円から。

安く契約して2万円くらい契約コストを削減したとしても利益を出すには4万円以上で売る必要がある。

結論 全く利益にならない。

でも、この状態でドコモのiPhone 6を再契約した場合は、月月割が適用されて2年間総額で7万円くらいからが割り引かれるのだろうか?
この場合の利益はどうなるんだろうか。