タグ別アーカイブ: Apple

10型前後のiPadをいつ買い換えるか問題 2017

AppleのiPadはメモリが比較的大きくバッテリも大容量なため、世代が変わっても大きくは使い勝手は変わらない。
それでも各世代を比べると、いろいろと良くなっている。愛用しているなら、ある程度の世代毎に買い換えた方が得策。

だが、問題はどのくらいの世代毎に買い換えたらいいのかと言う点。

2017年はよりコンピュータ的にも使えるiOS 11(2017年秋リリース予定)に対応するiPad Proの最新世代が発売された。
従来よりメモリ空間が必要とされるようで、メモリは全モデル4GBになっている。

従来と同じ使い方をするなら、ProではないiPadでも十分使えるが、ペン入力含めてコンピュータ的に使うなら2017年発売のiPad Proは買い換え時だ。
ただし、それ以前のiPad Proを使っているならその次の世代が出てからでも遅くはないかも。

iPadを買い換える場合、ザックリと言うと3世代から4世代前なら買い換えた方が快適になる。
2017年発売の第5世代iPadに買い換えた方が良いのは、2013年のiPad Air、2012年の第4世代iPadもしくはそれより前の世代のiPadユーザー。
このユーザーはiPadを愛用しているなら、より高度な使い方も可能なiPad Proにするという選択肢を選ぶのも得策。

10型前後の液晶を搭載するiPadの主な世代

(リテーナディスプレイ搭載モデル)

2012年
iPad (第3世代)
A5X, 1GB LPDDR2

2012年
iPad (第4世代)
A6X, 1GB LPDDR2

2013年
iPad Air
A7, 1GB LPDDR3

2014年
iPad Air 2
A8X, 2GB LPDDR3

2016年
iPad Pro
A9X, 2GB LPDDR4

2017年
iPad (第5世代)
A9, 2GB LPDDR4

2017年
iPad Pro (第2世代)
A10X, 4GB LPDDR4

自分のiPadがどの世代かわからない場合。
「設定」「一般」「情報」「モデル」に書かれている「ME989J/A」みたいなのを検索する。

Apple Watchを選ぶ

Apple Watchで現実的な選択肢は、無印Apple Watchか、Apple Watch Sportのどちらかだろう。
さらに、38mmと42mmのどれか、さらにバンドをどうするかと言うことになる。

無印Apple WatchとApple Watch Sportの違いは材質。
無印はステンレスで、Sportはアルミ。表面のガラスは、無印はサファイアガラスでSportはIon-Xガラス(アルミノケイ酸ガラス)。

無印版は、そこそこ良い時計に使われている材質で、それ以外は普通は時計に使わなかったり、安い製品を中心に使われている物といった感じ。

Sport版の価格は
38mm版が42,800円 ($349)
42mm版が48,800円 ($399)

同じバンドの無印版が
38mm版が66,800円 ($549)
42mm版が71,800円 ($599)

素材違いでの価格差は24,000円($200)程度。Sport版の1.5倍が無印版といった印象。

無印版はさらにバンド違いでの価格差があり。

クラシックバックル
38mm 77,800円
42mm 83,800円

ミラネーゼループ
38mm 77,800円
42mm 83,800円

レザーループ
83,800円

モダンバックル
89,800円

リングブレスレット
38mm 113,800円
42mm 119,800円

とかになる。他に黒版もあったり。

ということで、とりあえず使ってみたいとか、スポーツで使うとか言うことならSport版を選ぶことになって5万円くらい。
無印版を選ぶなら、この1.5倍近い価格になるが、Sportバンドが特に好きということもなければ、他のバンドを選ぶ事になるだろう。この場合、8.5万円前後から。

バンドをどれにするかにもよるが、材質等の好みで無印を選んで、Sportバンドということはないだろうから、実質8.5万円くらいからとなると考えていいだろう。

普通のイノベーター層はSport版から入って、実用性が高いことを確認出来たら、次のモデルで無印版的な製品を選ぶ事になるのでは無かろうか。

4月中旬から各アプリがApple Watch対応してきているので、発売直後にいろいろなアプリが使えそうではあり、実際その辺は初期段階としては確認出来そう。アプリが洗練されるのはそれから数ヶ月かかるだろうが、半年前後つまり2015年後半にはこの手のスマートウォッチが欠かせなくなるか、必要ないかはわかる。
技術的に足りない部分等々の判断もイノベーターから、アーリーアダプター層には十分実感できそうだ。

そんな前提でも、数ヶ月後に使わなくなってもいいようなお金持ちの人は、初期段階で無印版の好みのバンドを選んで8.5万円前後を支払う。
それが確認出来るまでのお試し購入と言うことならSport版で5万円前後。それでも高いが。

一般的な初物好きの人は、使い物になることが確認出来たら次のモデルで本格的な製品を買うという形になるのかな。

iPhone 6であまるiPhone 5sを売って利益を出す方法 考察編

au版のiPhone 5s 64GBがある。iPhone 6 SIMフリーを購入する予定で、土管の品質が高そうなauで使い続ける予定だ。

この場合、iPhone 5sが余ってしまう。auで使い続けるなら、予備機として持っていてもいいが、他キャリアへMNPしたときの下取りをうまく活用して利益が出ないか計算してみる。

予定としては
あまる予定のau版iPhone 5s 64GBでもう一回線契約
MNPでドコモのiPhoneを契約して下取りで4万ポイントもらう
ドコモを解約
あまった、ドコモ版iPhoneを売る
利益が発生

という感じ。

実際は
月額料金が安いのは各種割引きなしで
プランEシンプル 1,486円 解約時日割り
LTEプラン 1,868円 解約時日割り

データ通信のプランに入ることが強制な場合
電話カケ放題プラン 4,200円 解約時に日割りかどうかは不明(Webに書いてない)
データ定額2 3,500円
LTE NET 300円

契約事務手数料 3,000円

他にも税金やら細かな料金がかかるとして、最低4,000円くらい、最大1.1万円くらいで契約してMNPで移動できるのだろうか?

ドコモの契約
基本プラン 4,200円
spモード 300円
データSパック 3,500円

解約時に日割りかどうかは、「新規契約と同月内にプラン変更した場合は、日割りされず、同月内で最も高いプランの料金が適用され」と書いてあるので日割りじゃないのだろうか。

契約事務手数料 3,000円

最大時の契約コスト
au -1.4万円
docomo -1.4万円
なんだかんだで3万円くらいだろうか

iPhone 6の料金総額 73,872円から

なんだかんだで総コスト10万円くらい

下取り 4万円相当

6万円以上で売れれば利益。

SIMフリー版iPhone 6は67,800円から。

安く契約して2万円くらい契約コストを削減したとしても利益を出すには4万円以上で売る必要がある。

結論 全く利益にならない。

でも、この状態でドコモのiPhone 6を再契約した場合は、月月割が適用されて2年間総額で7万円くらいからが割り引かれるのだろうか?
この場合の利益はどうなるんだろうか。

iPhone 6 128GB SIMフリー版を予約した理由

アップルが2014年9月19日に発売するiPhone 6を予約した。
予約したのはアップルが直接販売するSIMフリー版で、容量は128GB。

SIMフリー版を選ぶわけ

SIMフリー(英語ではSIM unlocked)版を選んだのは、SIMロックがかかった携帯電話は次の機種に切り替える際に、そのキャリアで使用する人にあげたり、そのキャリアで使い続ける限りの予備にする以外に、実質使い道がなくなり中途半端な文鎮になるからだ。
当然ながら国内で他のキャリアの端末として利用する事は出来ないし、海外で低コストのプリペイドSIMを使う事も出来ない。このあたりの使い勝手の悪さが我慢できなかったから。

iPhone 5sと5cを2013年9月に販売した2ヶ月後の2013年11月に、アップルが日本国内でSIMフリー版を発売したときはそちらに買い換えようかと思ったが、予算の関係もあって泣く泣く断念していた。
それがようやく今回のタイミングでようやくSIMフリーにすることが出来る。

今回は新製品の発売開始のタイミングで、SIMフリー版も国内で正規に投入される。待ちに待ったSIMフリー版だ。
さらに、国内で販売されるiPhone 6は現状で全世界で使われているほとんどのLTEバンドに対応している。
海外では現状でGSMや3Gが中心ながら、数年後にLTEが使える国が増えた際に、このLTEネットワークの強さはLTEが有効に利用できる現在の日本はもちろん、次の機種が出てメインとして使わなくなった数年後の使い勝手に大きく影響してきそうだ。

iPhone 6 PlusではなくiPhone 6なわけ

iPhone 6 PlusとiPhone 6の見た目の違いは画面サイズと本体サイズ、画面の解像度や精細感。
機能の違いは、カメラの手振れ補正機能のみ。
個人的に手振れ補正機能は魅力的ながら、それよりも本体サイズが大きくなりすぎていることがネックとなる。
本来は、現行のiPhone 5s程度のサイズがちょうどいいと思っている。それよりも一回り大きくなるiPhone 6でも今のところ気に入らない物の、これしかないので仕方がない。

画面サイズが大きくなることのメリットは、情報量が増えることだが、たとえばSamsungのGalaxy Note 4とくらべると手書き入力機能やら、Gear VRやらの付加機能が現状では不足している。また、大きな画面が欲しかったらタブレットを使うわけで、ポケットの中に入れていつも持ち歩くサイズとしてはなるべく小さくそれでいて使い勝手も悪くない物が欲しい。

ということで、大型化と携帯性を考えた際には個人的な用途ではiPhone 6になってしまう。

128GBなわけ
現在iPhone 5sの64GBを使用中で、辞書アプリを除いて容量の大きなアプリのほとんどはiPadにしか入れていないこともあり、おおよそ7GB程度の空き容量がある。
これは、さらにアプリを入れたり、写真やらビデオを撮影することを考えると、個人的にはぎりぎりの容量となる。

音楽ファイルは、出先でCDを買うときに間違えて持っている物を買わないように、トラックの1曲目を全部入れており約2000曲で10GB。ビットレートは128kbps。
写真は、過去数年間に撮影した主要な物をいつでも見られるようにするために約9000枚保存で5GB。
アプリだけで350程度も入っており、30GB程度しているというような状況。

アプリは必要のないものを除けば20GB以下にはなりそうだが、なんだかんだで余裕を持って30GBから40GB分くらいは用意しておきたい。
音楽ファイルは128kbpsと256kbpsの違いはちゃんと比べないとわからない物の、なるべくなら高ビットレートで、もっと多く入れておきたい。iPod Classicもなくなったことだし。

音楽に関してはストリーミングやらなにやらがあるので、ローカルストレージに大量に入れておくのは不要。そもそも音楽以外もクラウドに入れればいいという意見は以前からあるが、出先ですぐに目的のファイルをネット越しで入手するコストと面倒さがわかっていない引きこもりの意見だろうか。

出先で通信するには、LTEが普及した日本でもいくつかの問題があるし、海外ではほとんど使い物にならない場合もある。
日本で最大の問題は、通信容量だ。現行、日本では月に7GBなどの制限がある。音楽ファイルは1つ10MB程度だろうが、100ファイルで1GBになる。他のファイルも含めて1日200MB程度の通信量ですぐに使い切ってしまうのだ。これでは安心して使えない。

日本でLTEが使えるようなところなら通信時間は我慢できたとしても、海外で使おうと思ったらそもそも通信速度が遅すぎて使い物にならないことが多い。
音楽程度のどうでもいいような物ならともかく、個人的なファイルもすべてクラウド上で管理していたら、1ファイル入手するのに数分どころじゃすまない場合もあり、使い勝手が悪すぎるのである。そもそも接続できればいい方だという地域も多々ある。
もちろん、多分使わないような物はとりあえずクラウドに入れておくという手段はある物の、すぐにでも使うような物はなるべくローカルに保存しておいた方がいいため、容量は大きければ大きい方がいい。

ということで、手元のデバイスのストレージ容量は予算の許す限り大きい物が望ましい。
今回のiPhone 6の場合、64GBに64GBをプラスして、合計128GBにするためのコストは1万円である。
1万円のコストで64GB増えるなら、SDカードなんかに比べて高コストながら、従来機種に比べてコストパフォーマンスも高まっており、128GBにしない手はない。

実際に予約してみた
日本での予約開始は2014年9月12日の午後4時くらいだが、アップルのオンラインストアでは午後5時過ぎに始まったようだ。
iPhone 6のSIMフリー128GBにするのは決まっていたので、午後6時頃にアクセスして予約しようとしたところ、すでに16GBなんかは販売日の発送はなくなっていた。
とりあえず無難なスペースグレーのiPhone 6のSIMフリー128GBは販売日の発送だった。
クリックして予約手続きを進めるために、ケースを選んで、クレジットカードのセキュリティコードを入れたりしている時に、気が変わって発送が遅れるケースはキャンセルすることにした。
そうこうしているうちに、出荷予定が「7-10日」になってしまった。
今から「7-10日」なら、発売から3日後には入手できるからまあいいかと思って、他の色を見ると、ホワイトやゴールドはまだ発売日の発送だった。
発売日に入手できないなら別の色でもいいかと思った物の、予約をキャンセルするのも面倒だしブラックを気長に待つことにした。

すると、よく見てみると出荷予定の「7-10日」というのは発売日からの日数で、19日発売なら26日から29日の発送という意味だった。

なんてこった。

それよりもなんてこったと思ったのが、価格が10万円近いという点。
旧機種の下取りやら割引きやらで5万円くらいで買えるキャリアモデルと比較した価格差がすごい。
なんつう強気な価格設定なんだろう。

価格や入手できる日はともかくとして、ようやくキャリアに縛られず、国内での保証も問題ないiPhoneを入手できる。個人的なiPhone 6での最大の革新はこの辺である。

Apple Event Oct 2013. ストリーミングとLive Blogをみて感想を書くコーナー

2013年10月22日午前10時からのイベントの感想コーナー

日本時間10月23日2時3分頃
Tim Cook登場

世界でベストプロダクツを作ること

iPhoneの話から
発売の週末で900万台販売。今まででも最もでかいLaunch

2:08まで
iPhoneのLaunchビデオ鑑賞

2億台の iOS 7デバイス
64%

日本時間2:09ころから
iTunes Radioの話
2000万人
10億曲

App Storeの話
600億ダウンロード

デベロッパーに130億ドル支払い

iOSとかMac OS、iCloudの話

コンフューズ
クリアー

2:12
Mac OS X Mavericks

Technologies
Features
Apps

ビデオ再生時間が1.5時間長くなる

メモリーの圧縮

6GB Data 4GB

グラフィックメモリの使用率低下で高精度なデータ

1.8倍

Tag

2:16
Maps
Books

2:17
Demo
Pages

iBooks

Tag

メッセージを受信して、アポイントメントを追加して、ディレクションを確認するというような一連の操作。
日本でも同じような事が出来ればいいけどね。

Mavericks
Free (OSは無料)
古いOSでも

2007
iMacとかから

今日から

2:25
MacBook

MacBook Proのアップデート

13インチ
3.46 pounds
0.71 inch
Haswell
Iris Graphics
9時間駆動 iTunes movie

PCI-e base Flash
802.11ac
Thunderbolt 2

旧モデル$1499からが、$1299から
今日から出荷

15インチ
Crystalwell
iris Pro

GT 750M

8時間駆動
PCI-e
11ac

旧モデル$2199からが$1999から
今日出荷

2:31
Mac Pro
AMD FirePro
Flash up to 1TB
Thunderbolt 2

HDMI 1.4

$2999
12月出荷

2:39
Mac Pro作ってるところビデオ
興味深い

2:42
Apps

iLife

iMovie

GrageBand
自動ドラム的な機能

無料
今日から

2:50
iWork

デモ
無料
今日から

2:59
iPadの話

1億7000万台のiPadを販売

3:03
ビデオ

3:06
新iPad紹介

ビデオ
iPad Air
9.7型

43%ベゼルが狭く

9.4mmから7.5mm
20%薄く

1.4pound
1.0pound

Lightest full-size

A7チップ

MIMO対応

Dual microphones

10時間駆動
白、スペースグレー

16GB $499から

11月1日発売

ビデオコーナー

3:16
iPad mini
7.8インチ

Retina Display
2024×1536 iPad Airと同じ

A7
10時間駆動

MIMO、LTE、iSight、FaceTime HD

$399から
11月発売

iPadカバー
$39
レザーケース $79, $69

3:20
まとめ

3:22
iPadの広告

3:24
終わり