枝野幸男と牧原秀樹と埼玉5区 2017年衆議院議員選挙

枝野幸男は1996年の比例当選以降、小選挙区での当選が続いているが、2017年の衆議院議員選挙ではどうなるかはわからない。
ここ何回かの選挙結果を見てみよう。

2005年 郵政選挙
当選 枝野幸男 103,014票
比例当選 牧原秀樹 91,472票

2009年 政権選択選挙
当選 枝野幸男 130,920票
落選 牧原秀樹 85,139票

2012年
当選 枝野幸男 93,585票
比例当選 牧原秀樹 84,120票

2014年
当選 枝野幸男 90,030票
比例当選 牧原秀樹 86,636票

このように枝野幸男は毎回当選はしている物の、特に直近の2012年、2014年はかなりの僅差となっている。
ほぼ毎回、日本共産党も候補者を擁立しており、この場合は10%弱の2万票弱は共産党が獲得する。

今回は「立憲民主党」の代表として選挙を戦うわけだが、そもそも小選挙区で当選するかどうかはわからない。
報道によれば希望の党が対抗馬を立てるそうだが、新人の高木秀文という無名の弁護士の程度では話にならない。ちなみに枝野幸男も牧原秀樹も弁護士でもある。

枝野幸男、牧原秀樹がそれぞれ9万票程度獲得するのが今までの流れで、それ以外の立候補者がどのくらいになるかがポイントだろうか。
日本共産党は2014年の選挙で立候補し18,654票を獲得した山本悠子を擁立予定にしているようだ。

埼玉5区周辺は、枝野幸男の元秘書らが、市議会議員や県議会議員になっており、枝野幸男の関係者が多い。
自民党もそれなりに強いが、これまでの選挙では小選挙区では取れていない。今回の選挙で仮に小選挙区で落選したとしても、比例代表での当選は確実だろう。

一方で、枝野幸男は仮に小選挙区で落選した場合どうなるのだろうか。

ドラゴンボール ゼノバース2 Nintendo Switch版をいつ買うか問題

ドラゴンボールファンとしては遊びたいソフトがドラゴンボール ゼノバースシリーズ。
これが家でも外でも遊べるNintendo Switch版が発売されたので遊んでみたい。

Amazonのレビューを見る限り、おおむね問題無さそうだ。

基本情報

2017年9月7日発売
6,800円

経験値アップキャンペーン
2017年9月7日(火)0:00~9月17日(日)23:59

ダウンロード版は6,120円
2017年10月3日まで

早期購入特典
全キャラクターの早期開放権
ダウンロード版の特典付属期間は2017年10月3日まで

前作「ドラゴンボール ゼノバース」のレジェンドパトロールを遊べるダウンロード権
パッケージ版は2017年12月31日生産分まで封入
ダウンロード版は2017年12月27日配信分まで付属

これ以外の第6宇宙編と未来宇宙編の4つのDCLセットが2,500円
別個に買う場合は、配信直後に割引き。

いつ買うか問題

オンライン対戦も出来るので、発売直後に買うのが良いのだろうが、個人的なタイミングとしてはあまりよくない。
数ヶ月後に買っても普通に遊べればそれでいいので、ちょっと安いとか、キャラクターの早期開放とかはどうでもいい。

問題は前作を遊べるダウンロード権で、パッケージ版が残っていれば来年買っても良さそうだが、遊べなくなると問題なので、年内には買う必要がありそうだ。
年内に買うならもう買ってしまうという方法もある。

調べると、2よりも1の方の評価は高いようで、1だけ遊ぶという方法もありそうだ。
1は値下がりしていてPS4とかPS3、Xbox Oneで3,000円くらいで買える。中古だと2,000円くらい。

それはともかくSwitch版はどこでも遊べるのが利点だし、1のストーリーも遊べるので2017年中に買えば良いのかなとは思う。

3DS版ドラクエ11ですれちがい通信を楽しむ方法

DQ11_5611

スクウェア・エニックスはアホなのか、ドラクエ7と同様にゲーム終了時に謎の「電源切れ」メッセージを出すので、これを鵜呑みにするとすれちがい通信は楽しめない。

3DS版ドラクエ7のすれちがい通信を楽しむ方法

3DSですれちがい通信を楽しむには3DSをスリープ状態にする必要がある。
つまり、電源を入れたまま画面を閉じた状態にしておく必要があるということ。
これはドラクエ11のゲームをすぐに始められるようにするというわけではなく、基本的に他のゲームソフトでもかまわず、ゲーム起動前のメニュー画面でも良い。

3DS版ドラクエ11のすれちがい通信要素は、ゲームを始めて特定のイベントが発生して初めて利用出来るようになる。

ヨッチ村

ヨッチ村


ヨッチ村という場所に行く必要があるが、これは普通にゲームを始めてから3から4時間くらいかかる。

それまではすれちがい通信では遊べない。

ここですれちがい通信の設定をした上で、3DSをスリープ状態にして持ち歩き、近くにドラクエ11ですれちがい通信をしている3DSユーザーがいて初めてすれちがい通信が自動成立する。

ちなみに3DSを持ち歩いているユーザーは2014年頃から激減しているので、ドラクエ11ですれちがい通信要素がドラクエ9ほど流行るかどうかは未知数だ。

iPad Proをパソコンのように使う ケース編

iPad を使う上でケースの存在は欠かせない。

ケースは使わなくても利用には問題ないが、パソコンのように使うなら机の上に立てておくことが設置する機能がケースにある。机において利用するならケースは必須と言える。
もちろんソフトウェアキーボードを使う場合にもなくてもいいが、パソコンのように使うなら、ハードウェアキーボードの使用が基本となるだろう。
使う必要がないなら使わないでもいいので、2-in-1パソコンのようにデタッチャブル型パソコン的な利用が可能だ。

どのケースを選ぶか

問題になるのがどんな種類のケースを選ぶかという点。
Appleも純正で用意しているのが、画面保護のみのカバー、スマートキーボード付きのカバーが基本。さらに、単なる入れ物のケースもある。
入れ物のケースの場合はiPadを立てて設置できない。キーボードがないケースは純正以外からの製品も多いので、様々な選択肢から選ぶのがいいだろう。

キーボード付きのケースなどもバリエーションは増えているので、純正以外のケースもチェックしておこう。

個人的に選ぶのがiPad Proケース

個人的には、本体を全面おおうケースが欲しい。必ず落とすので。

iPad Airまではあった純正のケースがないので探すと、旧純正とほとんど同じケースがいくつか見つかった。価格も2,000円程度と安いので純正よりもお買い得だ。

キーボード付きのケースはキーボードを使いたくない時もついていて邪魔なので、今回は選ばないことにする。

Apple Pencileをどうするか

問題はApple Pencileをどうやって保管して持ち歩くかという点で、これもiPadケースに取り付けられるPencileケースというのも存在しているので、全てが付いているケースを選ぶ必要はなさそうだ。

今回選んだのはこれ

Amazonの商品名には「iPad Pro 10.5 ケース 2017 Jisoncase PUレザー 超軽量 極薄 スマート カバー オートスリープ 三つ折 スタンド マグネット 耐摩擦 耐衝撃 手作り ハンドメイド 軽量 スリム Apple iPad Pro 10.5インチ 2017最新版専用 人気 全四色 (レッドWGLbt-JP2-22030)」
と書いてある。

ポリウレタン製で、マグネット機能付きでiPad Air時代に使っていた全面を覆うケースの最新版と行った感じだ。
価格は2,190円。
色は赤以外にも青や黒もある。

他にもいろいろとあるので、非純正品から探すのが良さそうだ。

iPad Proをパソコンのように使う 購入編

2017年秋に登場するiOS 11で、iPadがより汎用のOS的に利用出来るようになる。
これでクリエイティブ作業も十分可能なタブレットとしての用途が広がり、より気軽に利用出来ることから1kg前後のパソコンを使うよりも利便性が高い可能性がある。

実際にどうなのかは使ってみないと分からない。

2013年購入のiPad Airのパフォーマンスにあまり不満は無いが、バッテリーもへたり始めているし、ペン入力も可能、最新機能もフルに使える2017年モデルのiPad Proを購入することにする。

どのiPad Proを買うか

iPad Proは10.5インチ、12.9インチの2種類あるが、持ち運びの利便性を考えると10.5インチ一択。

家の中だけで使うとかなら12.9インチとかでも良いが、これを持ち運ぶのはでかくて邪魔すぎる。でかいのはまだ良いが、外出先でさっと出して気軽に使えないというのが実機を触っての印象。
私の利用環境の中で取り回しが良さそうなのは今までのiPadとほぼ同サイズの10.5インチである。

色はベゼル部分が黒になるスペースグレイ一択。
白でも良いけど。

ストレージはどうするか

iPad Pro Storage
ストレージは64GB、256GB、512GBを選択可能。

64GBは少なすぎてあり得ないので、実質256GBか512GBからの選択になる。
個人的に一番容量を食うのが、iCloud Photo内にあるiPhoneで撮影したビデオデータ。
これだけで500GBはある。
これ自体は自動オプティマイズして減らせるとして、256GBモデルで十分だろう。

音楽はApple Musicを利用しているし、基本的にiPhone内に入っているが、1,000曲ほど事前にダウンロードしておくとしても20GBもあれば十分だろう。
各種文書データも、使うかも知れない、読むかも知れない物をかなり欲張って入れたとしても100GBもあれば十分だろうか。

容量256GBのiPhoneを何も考えずに使ってもまだ80GBも余っている現状からすると、ビデオをオプティマイズすればさらに空き容量は増え、256GBで十分の気がする。

256GBで十分ではあるが、プラス2万円ほどで倍の512GBになるなら、512GBにして容量の不安を無くしてしまおうということで512GBにする。

Wi-Fiがあれば容量が少なくて済むというのは、海外などのしょうもないWi-Fi環境を使ったことのないクラウド楽観主義者の勘違い意見だ。
いざとなったときにダウンロード速度が遅すぎるので、使うかも知れないデータはなるべく手元にある事が正義である。

Wi-FiモデルかWi-Fi+Cellularモデルにするか

Apple SIMの登場から利便性が上がり、特に海外などで手軽にデータ通信の契約ができるようになったのは大きい。
1.5万円高くなるが利便性を考えるとWi-Fi+Cellularモデルを選んだ方が良いだろう。
ipad-pro-wifi

価格は117,800円(税別)だがこれに加えて必要な費用

最終的に10.5インチ、512GB、Wi-Fi+Cellularモデルにすると、117,800円。

これに壊れたときにしゃれにならないのでAppleCare+の9,400円を追加。iPadは年に数回確実に落とすが、今まではケースに守られて壊れること無かった。
iPhoneを壊し、MacBook Proのどう考えても初期不良を保証期間外での有料修理になった経験からApple製品でAppleCareに入るのは必須と言ってもいい。

iPad Pro price

税込総額で137,376円となる。
普通にパソコン買うのと同じだ。

ストレージを減らしたりすれば数万円安くなるが、誰が選んでも10万円前後になってしまうのがiPad Proということだ。