タグ別アーカイブ: 海外旅行

ロサンゼルスに超短期間滞在する方法 LAバカ旅行

超短期間でロサンゼルス旅行するスケジュールの例
2013年6月24日に調べてみた。

現地滞在時間を最大化した例

2013年7月1日
DL284 NRT-LAX
午後3:25発、午前9:40着フライト時間 10時間15分 機体 777-200LR
233,270円

2013年7月2日(現地時間)
NH1005 LAX-NHD
午前1:10発、午前5:00着(日本時間7月3日着)
USD916.40
フライト時間 11時間50分 機体 777

それぞれ片道で購入した場合の料金で、ANAは日本のサイトからはなぜか買えない。

この場合、Deltaで到着なので、到着後1時間前後で入国審査、税関から解放されるだろうから、午前11時にはなんとか外に出れているだろう。
現地発は夜中の1時なので、夜11時に空港着として、現地滞在は12時間ほどと言うことになる。

日本時間におけるスケジュールの流れ
7月1日午前中は自由
7月1日 昼すぎ 成田着
7月1日の深夜LA着
7月2日の早朝(3時とか)よりLAでの活動開始 (LA時間昼前頃)
7月2日の午後3時頃LAでの活動終了 (LA時間夜11時頃)
7月3日朝5時羽田着 その後自由

成田着から羽田着までの合計時間は約40時間ほど
現地での自由時間は多くて14時間ほど、フライト時間は24時間ほど、それ以外の4時間くらいは空港でぐだぐだしている時間。

仮にデルタで7月1日発、7月2日現地発で行くと
帰りは7月2日の午後1:10発で、日本は7月3日午後4:25着。
372,200円。

日本を離れている時間を最短化し、現地での自由時間をなるべく多くする場合

MH92 NRT-LAX
午後8:30発、午後2:35着
フライト時間 10時間5分 777-200
102,000円(エコノミーがないのでビジネスのプロモーション価格)

2013年7月2日(現地時間)
NH1005 LAX-NHD
午前1:10発、午前5:00着(日本時間7月3日着)
USD916.40
フライト時間 11時間50分 機体 777

現地滞在時間10時間弱。
これなら日本で昼過ぎまで普通に活動して、夕方のLAでのイベントに出席できて、日本は帰ってきた朝から活動できる。
LAではTBIT到着だろうから、外に出るまでかなり時間がかかることも考えられる。

海外旅行で現地通貨を使い切るってのはなんなのかな

海外旅行に行った際、どうしても現金が必要になる。
最近はそれなりの金額になればクレジットカードが基本だが、数百円とか数十円の物を購入したりするにはどうしても現金が必要になってくる。

ということで、両替したり、ATMなどで下ろしたりいろいろな手段で現地の通貨を手に入れるわけだが、旅行の最終日などに合わせて現地通貨を使い切る人が多いらしい。

実際、現地通貨を日本に持ち帰っても役に立たないが、個人的には使い切らない現地通貨はそのまま保存しておくのが基本だ。
おそらく、両替しすぎたりした人は、また日本円に変えたりするのだろうが、現地で入手する現金数万円分のうち数千円から1万円程度をいちいち両替し直してもしょうがない。

また行くときに使えばいい。もしくは記念に所有しておくのを基本にしている。
そのため、意味も無く10カ国くらいの通過を所有することになってしまう。
もう二度と行かないという国もあるし、紙幣なども変わるかもしれないが、いつ行くかわからないので基本的にとっておくのが基本だ。変わったり、国が無くなったりしたらそれはそれでコレクションアイテムとしては楽しい。

よく行くアメリカなどは、チップ用などに1ドル札やいろいろと便利な25セント硬貨をたくさん所有していて、いつ行ってもすぐに現地でなじめるようにしている。